臂:では今回、正弥さんの新講座型ビジネスですね。こちらのほうを既に受けられていて、結果を出されているクライアントさんにお越しいただきましたので、お話を聞いてみたいと思います。よろしくお願いいたします。まずお名前と、どのようなお仕事をされているかを教えていただいてよろしいでしょうか。

真崎:アートマチック株式会社の真崎信吉と申します。ホームページ制作会社やってまして、ちょっと特殊なんですけど、どちらかというとWebマーケティング寄りの制作を受けています。例えばこういったマーケティングだったりとか、それこそセミナー講師さんの講座の集客だったりとか。あとは、通販会社さんが主にやっておりまして、化粧品通販とか健康食品系のランディングページの制作だったりとか、プロダクトローンチのようなそういうプロモーションの裏方を受けています。

臂:よろしくお願いします。

真崎:お願いします。

臂:真崎さんは、マーケティングで言ったらプロフェッショナルということですよね。というところで、実際に正弥さんとはどういうきっかけでお知り合いになられたんですか?

真崎:色々と人伝いがあったと思うんですけど、もともとは小林さんのWebプロモーションの制作で、ランディングページの制作の相談をされたのが出会いになります。

臂:じゃあ実際にお仕事を受注されてる側だったというか、正弥さんが。

真崎:逆にお客さまだった感じですね。

臂:では実際に、今回正弥さんの新講座型ビジネスの、逆に今度はクライアントさんになられたわけなんですけれども、どういうきっかけで?

真崎:もともと小林さんのお客さまとして、制作を受けてランディングページつくったり、講座のウェビナーのページのだったりとか会員サイトとかをお手伝いして。いわゆる小林さんのクライアントさんのお手伝いをしていくうちに、小林さんってリサーチも色々とされていて、我々からは見えないユーザーのニーズみたいなのを拾ってくれるんですよ。それで、これをパッケージ化しませんか?って小林さんからお声掛けいただいたっていうのと、ちょうどうちも、いわゆるニーズと合うような制作のパッケージを受けたいなっていうことがあったので。そういう講座の相談を受けるということから始めたと、いうのがそもそもですね。

臂:じゃあ実際に新しい分野のところを少しやっていこうかなって、そういうきっかけで、お仕事的を正弥さんにお願いするようになったというか。

真崎:そうですね。もともとは制作会社でやってるので、いわゆるスポットの案件が多いわけですよ。それこそランディングページをつくって、それで例えば40、50万します。それは納品したら終わりみたいな感じなんですけど、小林さんのところでお世話になってから、ちょっと逆転してるところがあって。

まずはコンサルから入るんですね。例えばWebマーケティングこうだよとか、そういうお客さまのニーズに対して、こういったものをつくったらどうですか?とか、こういうフローどうですか?っていう提案型になってきたっていうのが結構大きくて。いわゆるLTVが伸びるというか、そこが結構大きい。そこに対してパッケージしていただいたので、お客さまからしてみればすごくわかりやすい、イメージしやすいので相談もしやすいというか。Web集客の相談もしながら、そこで制作も取れるということで。

臂:実際にLTVが上がるっていうお話があって、というところなんですけれども。じゃあ今までは、本当に単発というか買い切りで1回納品したら終わりみたいなところから。いわゆる動画の中でも受給型とはちょっと違いますけれども、そういう単発型でやっていたものっていうのが、今度は価値提供型というか、実際のそういう部分のところに変えられていったということですね。

真崎:そうですね。

小林:ちょっと僕から補足させていただくと、まずLTVってたぶんマーケティング用語なので“ライフ・タイム・バリュー”の頭文字なんですけれども、顧客生涯価値。色んな定義があるんですが、一生涯でお客さまが支払う売上だったり粗利っていうのを、LTVっていうと思うんですけども。真崎さんはもう制作のプロなので、制作1本いくらっていうふうにスポットの課金の仕方をしてたんですが、今は制作の手前のWebのコンサルティングで6カ月とか12カ月とかで契約をするので、1人のお客さまが払う金額が上がってます。

僕がもともとプログラム化しませんか?ってお話を一緒にさせていただいた、その経緯を話させていただくと、制作の案件で真崎さんを僕のクライアントさんにご紹介をするんですね。結構その頻度が増えてきたときに、最初打ち合わせするじゃないですか。制作の打ち制合わせって、真崎さんは今までは無料でやられてたんですけど、横で聞いてたらむちゃくちゃノウハウがすごいわけですよね。もうクライアントさんがメモを取りまくっててすごい質問をしてて、終わったあとも真崎さんにまた会えないですかね、みたいな感じで聞いてくるくらいすごくノウハウがあって。でもそこは課金はされてなかったんですよね。制作ベースで。その無料でアドバイスしている部分を、コンサルティングでプログラム化しましょうというところから、今講座に来ていただいてるっていう形ですね。

臂:真崎さんは、実際に今まで無料でされてた部分をパッケージにして費用をもらえるとか、正弥さんから話を聞く前って考えましたか?

真崎:なかったですね。小林さんは“それは本当に価値あるって形で”って、本当に食いついてエレベーターの見送りのところまで質問攻めみたいな感じだったんですよ。

小林:確かに。

真崎:そういう気付きを、ぱっとしたことでしていただけるっていうのが結構ありがたくて。

臂:自分だと見つけられない部分というか。

真崎:そうですね。それをうちも何年もやってたので、そこをぱっとアドバイスしてくれたのは、やっぱり大きかったかもしれないですよね。

臂:そうですね。動画の中でも正弥さんがおっしゃってたんですけど、本当に当たり前のようにされている部分のことっていうのがあったりして。だから真崎さんもそれだけすごいことをやっているのに、自分ではやっぱり気付かなかったっていうのがあるってことですよね。それを見つけてもらったと。見つけてもらって、実際のところなんですけれども、例えば数字的にだったりとか、お仕事的にどういう変化がありましたか?

真崎:例えば今うちの案件というか、実際にパッケージ化してるんですけど、コンサルで月に20、30万いただいてるんですね。あと、そのコンサルに対して制作が入るんですね。それが大体少なくても100万円とか案件があって、それが1年間なんですよ。なので、360が1つのコンサル費でプラス制作なので、そこでまた200、300とか。大体平均して1件500万ぐらい。今パッケージングしてからちょうど1年くらいになるんですけど、大体3、4本とかになるので結構それだけでも大きい。売上的には大きいですよね。

臂:しかもその源泉になっているのが、今まで無料でやっていた部分のところがそれだけの売上。化けたって言ったらあれですけど、変わったっていうことですよね。

真崎:そうですね。

臂:すごいですね。

真崎:あと、企業さんに入ってコンサルを、いわゆるWeb集客に対しての基礎レベルが終わったあとに、今度はその社員さんにプラスで。今度、うちの社員を育ててくれみたいな形にもなるので、いわゆるWebマーケッターみたいな形でしたよね。

小林:はい。社内のWebマーケッター。

真崎:社内のWebマーケッターっていうのをまたさらになので、おかげさまでLTVが、先ほど補足で出たLTVがやっぱり伸びてるっていう形ですね。

小林:あとちょっと補足すると、真崎さんのところは制作もプロだったので、相見積とかそういうのはほぼなかったと思うんですけども。コンサルで入ったあとに制作の受注をする際に、まずそもそも相見積とか比較検討されなくなりますし、基本的に値段の交渉とかもなくコンサルで信頼関係ができているので、そういう良さも見ててあるなと思いましたね。

臂:そういう直接的にとか2次的、副次的にすごくいいことがたくさんあったというところなんですけれども。実際にそういう風にやりましょうって始めてから、どれくらいで成果っていうか、そういう形の受注って。

真崎:どっちかというと、やりながらでしたね。

臂:そのやってるやつが、そのまま決まっちゃったみたいな。

真崎:そうですね。もともと自分たちでやってた部分もあったので、そこに対して価値が、いわゆるお金という価値が入ったので。もともとやっていたことをさらにだったので、アドバイスの中で、もうそのまま実践したというか。そこから最初にまた体系化しているんですけど、初めはそういった流れで、1、2カ月後っていうよりは、そういうやり方があるんだ、じゃあ次回からそうしますね、みたいな。それで、すぐ契約だったんですよね。

小林:そうです。

臂:じゃあもうクロージングとかそういうの、どうしようかなとかって言ってるどころではなくて、もうするするっと。

真崎:するするっと。やっぱり一番初めのはそういった形が多かったですね。

臂:すごい。

小林:僕の講座とかコンサルティング受けていただく方で、契約する前に講座にこれくらい費用がかかりますってお話するじゃないですか。本当早い方だと、その費用以上の受注を先に決めてから講座スタートするっていう方が結構います。

臂:もう懐が痛むって言ったらあれですけど、自分から持ち出しする前に、もう先にその部分が決まっちゃってる状態からスタートができるわけですね。

小林:はい。

臂:すごいですね。実際今回、新講座型ビジネスということでこの動画を公開させていただいているんですけども、正弥さんの新講座型ビジネスって、どういう方におすすめできると思いますか?

真崎:やっぱり基本的には業種は問わずなんですよ。一緒に受けてる方が何名かいらっしゃるんですけど、本当にばらばらですよね。

小林:そうですね。

真崎:本当にばらばらだったりする。もちろん大きい会社さんのところもあれば、1人でビジネスされてる方もいらっしゃるので、基本的にはどの業種でも合うんですけど。個人的にすごく助かったなと思うのが、僕意外に大雑把なんですね。大雑把なので細かいところ見ないんですよ。なんですけど、やっぱり小林さんはステップがすごい細かいので、いわゆるそういう細かいところまでお世話になりたいって人はぜひ、という感じです。

臂:自分でやろうとしたらすごい大雑把になっちゃうというか、大体こんな感じじゃないの?みたいなふうになりがちのところを、結構細かく体系化させたりとか。

真崎:そうですね。ちょっと大変だなっていうときもあるんですけど。でもそこは形になるとやっぱりすごく整理されるし、相談させてもらえるのはすごく助かってるので、そういう方はぜひ、と思いますね。

臂:ありがとうございます。実際そうやって体系化されていくと、真崎さんのクライアントさんの成果っていうのもどんどん上がっていったりされますか?

真崎:そうですね。特にうちのこういったコンサルっていうところもそうなんですけど、結構形に見えないものもあったりするので。いわゆるそういう細かいところは文書化されてるんですけど、それをお客さまに事前に、次回打ち合わせよろしくお願いしますと、その体系化したのをチャットワークとかで報告するんですね。次回こういうことを話しましょうよ、と。そういうふうに目に見えているので、そこに価値を感じるんじゃないかなと見てて思いますね。

臂:すごい話というか、本当にどんどん仕事が伸びてこられてると思うんですけれども。今後は正弥さんの形のでビジネスされていくということで、どういうふうに伸ばしていきたいと思いますか?

真崎:今はまだ、小林さんのところから色々と教わったことに関しての案件はそんなに多くないので、もう少しそれをパッケージ化して。今ちょうど相談させてもらってるんですけど、もう少し細かくパッケージ化して、いわゆる本数が増えるようにしたいなっていう。今小林さんに制作でも色々とお仕事させてもらっているんですけど、そこのあたりのニーズが多いので、そこをちょっと増やしていきたいな、お答えできるようにしてきたいなっていうのがあります。

臂:ありがとうございます。そこのあたりの部分ところも、正弥さんに聞きながらだったら
いけるかなっていうイメージできてますか?

真崎:そうですね。イメージができますし、やっぱり厳しいときは厳しいので。

臂:厳しいですか。

真崎:そこは逆にケツを叩いてくれるというか。

臂:ついつい甘くなりがちなときに、ケツを叩いてくれるというか。

真崎:飴とむちなところがありまして。

小林:一応補足させていただくと、緻密なステップを組むことによって最初のプログラムをつくるときは大変というか、やっぱり力が必要なんですけれども。基本的にプログラムのステップを緻密につくればつくるほど、クライアントさんが自学自習、自分で学んで自分で結果を出せるようになるので、質問がなくなるんですよね。できないからやってほしいみたいな依存もなくなるので、そういう自学自習のプログラムができると、顧客の上限なく増やしていけるので。最初のつくり込みは確かに大変というか、だからこそ、僕のサポートがあるわけですけど。それができあがると、それが本当に富み、クライアントさんと富を生み続けてくれるので、最初はやっぱりちょっと生みの苦しみがあるんですけど、後半すごく楽になっていくっていうのはあります。

臂:実際に1回つくり上げていくと、それが本当にずっと使える資産みたいな状態になってて、それがどんどんお客さんと売上を連れてきてくれるというか、そういう状態になっていくってことなんですね。

小林:そうですね。

臂:ありがとうございます。じゃあですね、今回この新講座型ビジネスの動画、おかげさまでたくさんの人に見ていただいているんですけれども。見ていてやりたいと思ってる人とか興味持ってる人がたくさんいると思うんですけど、そういう人に向かって一言メッセージをいただけますでしょうか。

真崎:結構色々と試したり相談してる方々が、過去にも見てる方も多かったと思うんですけども、本当に体系化されてるっていうのがあるので、そういう意味では情報がまとまってないような人には、ぜひおすすめしたいなと。あとは、やっぱり小林さん自身も色々と勉強されてるのでそこの情報がとても価値があるのと、やっぱり信頼があるので、迷いがある方にはぜひ参加してもらえたらいいかなと思います。

臂:ありがとうございます。それでは、本日は真崎さんどうもありがとうございました。

真崎:ありがとうございました。