こんにちは、小林正弥です。

自分の本が出たこともあり、
どんな本が出ているのか、意識するようになりました。

今ベストセラーになっているタイトルには

「スタンフォード式 疲れない体」
「最高の体調」

といった”疲れない”というキーワードの本が
人気のようです。

よほど、”疲れている”と感じている人が
多いのだと思います。

僕も以前は、週末になると整体やマッサージに
駆け込むほど、疲れていました。

ある時は、起き上がれないほど
体が疲れきっていたこともあります。

今はどうかというと、
ほとんどなくなりました。

なぜなら、

・疲れる前に、疲れをとる仕組み
・疲れにくくなる仕組み

を日常に取り入れているからです。

僕は、

【衣食住運心】

で考えています。

衣:スーツや革靴ではなく動きやすいもの
食:サラダ中心、糖質は控える
住:毎週、清掃を依頼し、整った状態
動:ジム3つ、整体1つに定期的に通っています
心:メディテーション

こうやって、疲れにくくなる仕組みを作った結果
病院に行くこともなく、ここ数年生活できています。

続きは音声をお聞きください。

▼「疲れない仕組みをつくる」
http://m.himalaya.fm/album/193376/sound/17169432/2/jp