こんにちは、小林正弥です。

引き続き、「最高値メンタルの磨き方」について考えていきます。

2回目は、

【ニュートラルな解釈を心がける】

です。

例えば、

コップに半分の水が入っていたら
どのように解釈しますか?

ある人は、

「あと半分しかない」

とネガティブに捉えるし、

ある人は、

「まだ半分もある」

とポジティブに捉えるでしょう。

僕の周りの最高値で活躍している人たちは、

「コップに水が半分入っている」

と非常にニュートラルな捉え方をしています。

心が力みすぎず、緩みすぎない
ちょうどよいバランスなんですね。

ちょうどよいバランスだから持久力があります。

利益というのは、継続的な顧客との関わりで
生まれる場合が多いので、
持久力がないとダメなのです。

心の起伏が激しい人は、
本人だけでなく、周囲の人もヘトヘトになってしまいます。

続きは音声をお聞きください。

▼「最高値メンタルの磨き方2」
http://m.himalaya.fm/album/193376/sound/22871365/2/jp