こんにちは、小林正弥です。

先日、情けない気持ちになった出来事があります。

amazonのレビューに、

「本当に早稲田卒ですか?
筆者には悪いけど、日本語が所々変。
それゆえ読みづらくて内容が頭に入ってこない。」

実は、これについては弁解のしようがありません。

なぜなら、初版の段階で10箇所ほど
誤字があるからです。

印刷されてから僕が気づいて
増刷のタイミングで修正はしていただきました。

とはいえ、

僕は、誤字のない文章を完成させる
ということを手放してしまったのです。

そのことが本当に情けなく
また、せっかく本を買っていただいた方に申し訳なく感じています。

良い文章、よい内容が書けるかは
著者の才能や能力の問題ですが、
誤字脱字のない文章を書くことは努力の問題です。

僕自身、なぜ最後の最後に
出版社にチェックを任せてしまったのか
強く猛省しています。

とはいえ、誰のせいでもありません。
僕自身の責任です。

綺麗事ではなく、責任転嫁したところで
僕が望む現実は変わらないからです。

【人生で起こること全て自己責任】

と思い定めて、進んでいきます。

続きは音声をお聞きください。

▼「人生で起こること全て自己責任」
http://m.himalaya.fm/album/193376/sound/23829774/2/jp