こんにちは、小林正弥です。

20代の時に、何人かで成功している経営者に学びにいきました。
その時に、強く言われたのが、この言葉です。

「人から奪う泥棒のようなマネはするな!」
「短期的に金が入っても信頼残高がマイナスになり、二度と仕事ができなくなる」

それ以来、損得を考えずに縁ある人に与えることを意識してきました。
そのおかげで、年々経済力は伸びていきました。
どんなに辛くても、他人のモノを取ったら泥棒です。

社会では許されないこともあるわけです。

自分に意識が向きすぎると、
ふだんはいい人でも、ある瞬間、ダークサイドに堕ちてしまうのです。

年末は、一年で与えたもの、奪ったものの、総決算です。
あなたはどんな一年を過ごしましたか?

続きは、音声でお聞きください。

▼与える人、奪う人
http://m.himalaya.fm/album/193376/sound/42527044/2/jp