小林 : 教育スクールビジネス研究所の小林正弥です。活躍している専門家へのインタビューということで、本日は経営の仕組み化をサポートしている株式会社エグゼサポート代表取締役勝亦徹さんにインタビューしていきます。よろしくお願いします。

勝亦 : よろしくお願いします。

小林 : まず簡単に勝亦さんの事業や活動内容について教えてください。

勝亦 : 今、“経営の仕組み化”とご紹介いただきましたが、目的が経営の仕組み化や手段ではなくて、経営者の一番得意で、お金になる仕事をする時間、これをエグゼクティブ・タイム、エグゼタイムと一言で短くしていますが、エグゼタイムをつくって、集中していただいて、売り上げをあげていただくところのサポートがメインコンセプトです。そのための手段として、全部自分でやると大変なので、こっちが全部マネジメントしてあげて外注化する支援と、あと仕組み化をする支援と、必要であればITの自動化などの支援をしています。エグゼタイムをつくるという目的のために、いろんなことをサポートしているという会社です。

小林 : 僕の取引先だったり、お世話になっている会社の、実は裏方の仕組みをつくられています。エグゼサポートという名前は出ていなくても、いろんな有名企業の仕組みをサポートしてきたということですね。

勝亦 : そうですね。自社としてはあまり表に出ていないですが、裏方でサポートさせていただいてます。

小林 : そこからさらに事業や活躍の場を広げるにあたって、何が重要だと考えましたか。

勝亦 : 目的が「エグゼタイムをつくる」ということなんですが、実はそこにコミットできたのは、この講座に参加したからというところでもあります。その前は、手段としての外注化というのがメインでしたので、その外注化がどうしてもメインビジネスになってしまっていました。ただ、社長さんの仕事を外注化した場合に、他人がやるので、社長さんの思いややり方というのがあまり引き継げずに、外注先のやり方でやってしまうという現象が結構ありまして、会社全体、経営の仕組みとしてしっかり整えた上で外注化しないといけないということが課題でした。外注化は一つのパーツだなと思ったので、経営としての全体の仕組み化をしっかり設計して、お伝えする必要があるなというのが、正弥さんの講座を受講して、徐々に固まってきたという感じです。

小林 : この講座に入られて、新講座ビジネスをすぐ構築して、いろんな経営者の方に受けていただいてるようですが、実際独自のプログラムをつくった反響はどうでしたか。

勝亦 : 実際まだ全てが整ったわけではなくて、コンテンツも十分にできていない状況でしたが、正弥さんの講座で最初に“カスタマーサクセス”という、「相手にこういう未来を提供しますよ」というものをつくるじゃないですか。「その根拠としては、こういうものがあります」と並べて説明するだけで、相手は「ぜひそれをお願いしたい」という反応が返ってくるようになりました。ごく近しい人にしかお声掛けしていないのですが、半分以上の方がすぐに申し込んでくださいました。

小林 : 講座やコンサルティングは、原価もないし、目に見えないですが、それでも高額で多くの経営者の方に選ばれたというのは、どういうところがポイントなんでしょうか。

勝亦 : 一つは、自分のカスタマーサクセスに対する思いですね。なぜ僕は、このカスタマーサクセスを提供したいのか。そして、提供するために5年、10年、費やしていくという意思表示と決断。それを熱量としてお伝えできたので、相手も「本気なんだな。じゃあ、お願いしてみようかな」と言ってくださったというのが、現象としては一つあると思います。もう一つは、意思決定です。経営者が新しい事業をやる上で一番大事なことは、経営者の意思決定だと僕は思っています。「これをやるぞ」と決めて、やるという決断、そこがすごく大事だと思っています。やり方に関しては、この新講座型ビジネスはやり方が完全に揃っているので、そのとおりやれば結果が出るというのは分かりますが、一番最初の「これをやるんだ」という意思決定がないと、いくらうまくいく方法があってもできないと思います。僕が早い段階で意思決定できたのは、正弥さんが個別コンサルですごく寄り添ってくださって、違うところからいろんな角度のボールを投げてくださったから。僕の思考をキャッチボールしながら整理してくださって、諦めずにいろいろやってくださったので、自分がこう思ったのを、実はこっちの表現でやればいいとか、そこにはこの情熱があったんだと、そのパーツがすごく組み合わさりました。僕は今までこう思ってたけど、そうじゃなくてこうだという、その意思決定ができたことがすごく大きかったです。最初の段階で、8割方その部分を固められたのが、お客さまに僕の情熱を伝えていくエネルギーにもつながっています。

小林 : カスタマーサクセスで相手に「こういう未来を提供できます」という、無形の講座だけれども、その背景となる勝亦さんの強い思いが、相手に伝わったということと、あと「その講座をやるぞ」という経営の明確な意思決定が、早い段階でできたからこそ、たくさんの経営者の方に選ばれているということですね。広く言えば、僕がやっていることは、講座のビジネスのつくり方とか、コンサルティングのビジネス、セミナービジネスのつくり方という、講座のジャンルに入ると思いますが、数ある中でも今回“THE ONE”を選んでいただいたのは、どういうところにポイントがありますか。

勝亦 : 実際僕はいろんな方をサポートしてますし、いろんな講座・セミナーに参加している人間なので、結構裏方は分かっているんですね。その中で、ローンチの動画や、説明会のやり方がものすごく計算されているなと思いましたし、「それを教えますよ」と話されていたので、「これはやれば結果が出るんだな」ということで、そのプロセスを学んでみようと思い、入りました。僕は講座をつくろうと思って入ったんですが、今固まってみると、講座は僕の今後5年、10年の、あくまでカルピスの原液というか、エッセンスが濃縮された講座になってしまったんですね。

小林 : いい意味で。

勝亦 : そうです、いい意味でなってしまって(笑)ということは、その講座を提供で終わりではなくて、カスタマーサクセスも高いところにあるので、お客さまに貢献していく道、自分がやるべき軸が、すごく今明確になりました。

小林 : ちなみにそれは、どういうビジョンですか。

勝亦 : 僕のカスタマーサクセスというのは、経営者が1日2分の1の労働時間で、年商を5倍にする仕組み講座で、これが講座のカスタマーサクセスです。その先のビジョンというのは、今のビジネスを、労務をかけずに年商を上げていく。そこで手放すと、新しいビジネスをつくる余力というか、時間ができるわけです。そうして、また新しいものをつくっていく。また労務も減らして、売り上げも上がる、というものをビジネスとして何個もつくっていけば、完全にオーナービジネス型になるわけです。しかも一人ビジネスで。そういうコンセプトを言う人はいっぱいいると思いますが、僕の強みはそれを実際に実行するところのサポートなので、それができるかというところをイメージできて、つくれたということです。
それを実現するためのパーツとして、例えば仕組み経営というパーツ、外注化というパーツ、経営者の価値観や才能、一番元となるところを見つけるもの。あと、継続的な利益を目指すストックビジネスであるとか、そういう必要なビジネスモデルが揃ってきてサポートできるようになったので、それぞれが事業展開できるぐらいのものになって、それが全部集まったのがこの講座という形です。ここまでできると思っていなかったので、ありがとうございました。

小林 : いえいえ。僕もこれからの経営の大きな戦略として、教育化というのがキーワードとしてありますが、勝亦さんの事業全体としても、教育化というのがキーワードになっていますか。

勝亦 : 全てにおいて、教育化にシフトして提供していこうと。完全シフトではなくて、ハイブリッドになると思います。教育だけをして、実行をサポートできないところがすごく多いと思うので、うちは実際に教育をして、プラス「こうやるんだよ」とか、「そういうことを代行しますよ」という実行サポートを持っていて、そこがおそらく強みだと思いまので、そのハイブリッドでやっていこうと思っています。

小林 : もともと経営者がやらなくていい仕事を引き受けたり、代行のビジネスもされたわけじゃないですか。そこから教育や、講座のビジネスという、全く無形のサービスのほうをやるときに、難しさとか不安はなかったですか。

勝亦 : 実はあまりありませんでした。うちの外注化というのは、「要らないものを任せてください。待ってます」と、口開けて待ってるサービスではなかったんです。どちらかというと、経営者と一緒に考えて、「この業務は、やめたほうがいいですよね」というような、半分コンサルが入ったようなもので、ワークや「考えてくださいね」というレクチャー要素もあったわけです。代行というのはバックエンドで、「最終的にうちがやりますよ」ということなので、その前のところを膨らませたのが、この講座です。

小林 : 以前は、そのコンサルティング部分というのは、お金はいただいてたんですか。

勝亦 : いただいたこともありますし、今はあまりいただかずにやっています。

小林 : そこで培ったものが講座になったという感じですね。

勝亦 : そうですね、講座の一部に入りました。

小林 : この新講座型ビジネスも、100人を超える全国の経営者や専門家の方に集まってきていただいてますが、僕としては、もっとたくさんの人が教育化によって、いろんなリーダーシップを発揮できるような支援をさせていただきたいと思っていますが、どんな方がこの新講座型ビジネスに向いていると思いますか。

勝亦 : 正直に言うと、ゼロイチもできると思いますが、あまり売るものがないゼロの人は難しいかなと思います。それを見つけるまでには、自分のビジネス経験とかもありますし、現場を経験しないとなかなか難しいかと思うので、これから起業したいとか、現場経験のない人は、お勉強に終わってしまうかなと思います。一方で、僕のお客さまもそうですけど、自分の労務に依存しているような人、働かないとお金が入ってこないという人なら、おそらく業界関係ないのではないかと思います。年数もあまり関係ないかもしれないですけど、5年、10年働いて、積み上がらないとか、ずっと自分が働いてるような方だと、いいのではないかと思います。

小林 : ある程度の職業や経験がある人は、自分が今まで代わりにやっていたけど、それを教えることが可能ということですね。

勝亦 : そうですね。起業する人って、自分のこの技術を人の役に立てたいとか、このメソッドを人の役に立てたいと思って起業しますが、でも自分でやってしまうので、一馬力なので広がらない。そこにジレンマがあると思います。それをこの新講座型ビジネスは、自分の労務に依存せずに、レバレッジをかけられるものだと思うので、そういうものを持っている人、やってるけど漠然としている人には、すごくいいと思います。

小林 : 最後に勝亦さんの今後の展開について、お聞かせください。

勝亦 : 2019年は新講座型ビジネスの講座をしっかりつくって、今、モニター的に近しい人にさせていただいてますが、それをより広い人に展開していくことに集中しようと思っています。それ以降は、うちのコンセプトがエグゼタイムですので、それを中心として、できるサポートは全部やっていきたいと思ってますので、その構築を、新講座型ビジネスメソッドで、もっと他につくっていく形になるかと思います。

小林 : 経営者の方で、ご自身の働く時間を減らして、年商を5倍にしたい。そしてもっと自分にしかできないことに集中したいという方は、ぜひ勝亦さんのところを訪ねてみてください。今日はありがとうございました。

勝亦 : ありがとうございました。