小林 : 教育スクールビジネス研究所の小林正弥です。活躍している専門家へのインタビューということで、予防医学の専門家である、あまてらす株式会社代表の渡辺茂さんにインタビューしていきます。よろしくお願いします。

渡辺 : よろしくお願いします。

小林 : 今、茂さんの予防医学の健康プログラムがすごく人気ということですが、どんなプログラムをされているんですか。

渡辺 : 今、メインで注力してやっているのは、体温上昇デトックス&ダイエットというプログラムです。3カ月間で体温を36.5度以上にあげるというもので、これが結構人気で、力を入れています。

小林 : 体温を上げることで、どんな変化があるんですか。

渡辺 : 体温を上げると、まず酵素の働きがよくなるので、腸の中の環境がよくなって、酵素が働くようになります。そうすると、自然とダイエットができる感じになります。腸が健康になるということは、免疫が活発になるので、いろんな病気が治っていったり、病気の予防になったり、根本の改善ですね。

小林 : 今、どんな方が参加されて、どんな変化がありますか。

渡辺 : 腸の中をきれいにするというのは、万人に共通ですので、赤ちゃんからお年寄りまで、男性女性関係なく、幅広い年齢の人が参加されています。

小林 : 茂さんも若々しいですが、おいくつですか。

渡辺 : 57歳です。実肉体年齢を測定する機械をもっていますが、それで測ると私、10歳ぐらい若く出ます。一般の人が測ると、普通の現代人は10歳ぐらい高く出ます。食事をかなり気を付けて、健康に気を付けてる人でも、年齢相応です。私はマイナス10歳ぐらいです。

小林 : 今まで予防医学や、老化しないというところをずっとされてきたと伺っています。今回実践会にご参加いただいて、素晴らしいプログラムをつくられましたが、なぜそういうことをやろうと思ったんですか。

渡辺 : 情報があまりにも多岐に渡っているので、体系化して、一般の人にも分かりやすいように、どうやって伝えればいいかというのは、ずっと思っていたんです。皆さんに個別アドバイスをしてたんですが、体系化されていなかったので、万人の人に分かりやすく、しかもやった人みんなが結果出る形のものがなかったので、体系化された分かりやすいプログラムがないかなと探していたときに、正弥さんの新講座型ビジネスのモデルがあったので、これは面白いんじゃないかと思いました。

小林 : 実際参加されてみてどうですか。

渡辺 : これはすごいと思います。私も長年医療業界にいて、20年間薬剤師をして、今のあまてらす予防医学の会社を設立して20年になりますが、一つ一つのパーツは揃っているんですね。しかも私がやっているのは、古来から伝わるような、例えば主食の玄米の食べ方だったり、腸の中をどうやってきれいにするかだったり、ということです。体温を上げるための方法も、いろんなものがありますが、優先順位をみんな間違っているので、努力している割にはうまくいかない人が、たくさんいるんです。医療業界に30年いる私から見ると、間違ったことをやってる人が9割以上で、正しい努力をしている人は、ほんのわずかなんです。そこをちゃんと体系付けて、きちんとした手順で、やるべきことをやると、意外と簡単に健康になれます。

小林 : 茂さんのプログラムを受けて、36.5度以上になった人がいるんですよね。

渡辺 : 0期ということで、モニターとして10人集まっていただいてるんですけど、そのうちの2人は1カ月ちょっとで36.5度に上がって目標達成です。他の人も平均で0.5度ぐらい上がってきているので、皆さん36度はクリアしましたね。あと1カ月半で0.5度上げる感じで、皆さんに個別アドバイスしています。

小林 : プログラム価格もそれなりに高いと思いますが、それでもすぐに10人の人が集まって、満足しているというのは、どういうところにポイントがあるんですか。

渡辺 : 正弥さんもよく言われますが、価格に高い低いはなくて、提供される価値に対して、適正価格かどうかということです。このやり方だと、結果が出るんですよ。ライザップさんでも、痩せるというのをやっていますが、いったん結果は出ますが、何カ月かするとリバウンドしてしまうというのをよく聞くじゃないですか。私のやり方だと、まずは腸の中をきれいにするんですけど、それで体温を上げることによって、代謝をよくして、酵素の働きをよくします。その結果として自然とやせていって、ダイエットになったり、健康になるものなので、根本を押さえていたらリバウンドしません。私自身も20年ぐらい前に、このやり方で食を変えていって、たった1年で13キロもやせたんです。以来20年間、全然体重も変わっていません。

小林 : ご自身のダイエットだったり、若返りの経験をベースにこのプログラムをつくったということですね。今回ご縁があって、サポートさせていただいてますが、他にいろんな起業塾とか、マーケティングの塾もありますが、その中で新講座型ビジネス実践会を選んでいただいたポイントは何ですか。

渡辺 : 講座のカリキュラムのつくり方や、ノウハウを体系化するフォーマットができあがっていて、私は今回、別に新しいことは何もやっていなくて、これまでずっとやってきたことを、そのまま順番を変えたり、見せ方を変えたり、正弥さんの新講座型カリキュラムの中に入れ込んだだけなんです。今まではノウハウというのは、どちらかというと、商品を販売して、そのおまけみたいな感じでノウハウ、使い方を説明して、無料みたいな感じでやってたんですけど、今回はノウハウが商品になって、商品がおまけみたいな、それを達成するための具体的な手段で使ったりはしますけど、ノウハウ自体が商品化されたので、そこがすごいんじゃないかと思います

小林 : お客さんにしても、何かにずっと頼るよりも、自分でノウハウを身につけてコントロールできたほうがいいですよね。

渡辺 : 一回これを覚えて、3カ月間自分でやったら、一生使えますからね。それを家族やご友人に教えたりもできますので、これが広がっていけば、みんなに喜んでもらえるから、社会貢献にもなっていいんじゃないかなと。

小林 : その辺りが高くても多くの人に買ってもらえる秘訣ですよね。続いて、自分のノウハウや経験を体系化して、より多くの人に届けたいという人もたくさんいらっしゃると思うんですけど、どんな人がこの新講座型ビジネスに向いていると思いますか。

渡辺 : 誰かに自分の持っているものを教えたいという人はいっぱいいるじゃないですか。人それぞれ、いいところをいっぱい持っているので。このフォーマットというのは、多分万人に使えると思います。速攻で結果が出るような人というのは、フォーマットができあがっていて、そこに入れ込むパーツの部分は、自分で経験積んだり、知識を持ったり、あるいは自分で体験してみて、「これだったら絶対いける」という自信がある程度ないと駄目なので、そのようなパーツの部分を準備して、なんらかの強みを持っている人であれば、それをうまくお客さんに伝えて、使えるような新講座型の仕組み、これが非常に役立つのではないかと思います。

小林 : 自分の強みや経験がある人は、体系の中に当てはめていけば、できあがりますよね。最後に、茂さんの今後のビジョンについて教えてください。

渡辺 : 今回、正弥さんのアドバイスもいただいて、とりあえず3カ月間の体温上昇デトックス&ダイエットプログラムというのをつくってやっていますが、これは1年間の予防医学プログラム、体温を上げるだけじゃなくて、その後免疫を上げたり、ホルモンのバランスをとったり、体を整えて、自分自身のパフォーマンスを上げたいというような、中小企業の社長さんとか、モデルさんとか、あるいはアスリートの人たちをサポートできるような、予防医学のプログラムをつくる。私の最終目標は、そういうものを教える健康人材を育成することです。この事業をフランチャイズ化していこうと思っています。

小林 : 今、医療費が40兆円とも言われていますね。

渡辺 : 税収50兆円ぐらいしかないのに、40兆円も使ってますから、ほとんど破綻しかかっている。一方で病人はすごく増えていて、3人に1人が糖尿病の状況。さらにお医者さんや看護師さんの人数は全然足りない。お医者さんや看護師さんを養成するのに、研修までしていくと10年以上かかりますから。これからは病気になってから治すのは間に合わないので、予防するということが大切です。

小林 : ヘルスコンサルタントを増やしていくわけですね。

渡辺 : アメリカのニューヨークやサンフランシスコでは、お医者さんの給料を上回るのがヘルスコンサルタントで、すごい人気のビジネスになってるんですよ。日本でも間違いなく、近い将来そうなると思います。

小林 : そこをぜひ茂さんがけん引していただいて。

渡辺 : ぜひ。

小林 : 今日は予防医学専門家のあまてらす代表の渡辺茂さんにインタビューしました。ありがとうございました。

渡辺 : ありがとうございました。