朝2時間で1日の仕事を終わらせる

最終更新日:2019年10月10日


こんにちは、小林正弥です。

月の半分は旅行する生活を
1年間実験的にやっています。

大きく変わったのは朝の時間の使い方です。

日中は観光したり、現地の人と会っているので
仕事をするとしたら朝か夜しか空いていません。

日中は積極的に遊んでいるので
夜はもうヘトヘトです。

なので、朝の時間活用が重要です。

この生活を初めて4ヶ月目ですが
どの国でも、日の出前(だいたい5時くらい)に起きて
シャワーを浴びて、6時から2時間くらい仕事をやっています。

日本にいる時は8時前に起きていたので
今まで使っていなかった2時間が生まれました。

パレートの法則(80対20の法則)のとおり、
朝2時間の仕事で、全体の8割の生産性を出すことができています。

僕は、

・執筆
・クライアントのメール相談
・コンテンツ制作

といった自分にしかできないことに集中できています。

時差の関係でまとまった会議はできていませんが
チャットベースで進めているので、日々の進捗は問題ありません。

朝2時間で1日の仕事を終わらせる、という意識で取り組むと
時間の使い方が変わり、人生が変わります。

続きは音声でお聴きください。

▼朝2時間で1日の仕事を終わらせる
http://m.himalaya.fm/album/193376/sound/55658402/2/jp

【無料お試し読み】2冊のお試し読みをプレゼント中

amazon3部門で1位を獲得した2冊の書籍を「お試し読み」として受け取ることができます

無料お試し読みをチェックする

【成功事例】売上を上げた方々の事例集


【新・講座型ビジネス】で実際に売上を上げた方々の事例はこちらからチェックできます。

成功事例をチェックする

関連記事

著者×新講座型ビジネス

法人コンサル×新講座型ビジネス

健康×新講座型ビジネス

語学×新講座型ビジネス

WEB×新講座型ビジネス

女性起業×新講座型ビジネス

専門スキル×新講座型ビジネス