【成功事例:佐治邦彦様】反転学習モデルでクライアントの成果増大に成功

最終更新日:2019年10月18日
 
 

「ミッション型事業計画実現プログラム」を主宰されている佐治邦彦さん

田中 : 今回は、株式会社サンアスト代表取締役、佐治邦彦さんに成功事例インタビューをさせていただきたいと思います。まず正弥さんから、ご紹介をお願いします。

小林 : 佐治邦彦さんは、顧客満足を追求しながら、会社が高収益になる仕組みをつくるミッションマーケティングというものを開発されています。もともとご自身も成功されている経営者さんですが、経営者でありながらコンサルティングをやっている強みがあると思います。

そして甲子園球児の4番バッターというスポーツマンなところもあり、非常に誠実で、常に研究熱心に取り組まれているところが、多くのクライアントさんを引きつける秘訣だと思います。

1冊目の著書『シンプル経営の極意』、こちらも多くの中小企業の経営者の方から好評をいただいています。そんな佐治邦彦さんに、お話を伺っていきます。よろしくお願いします。

佐治 : よろしくお願いします。

自分の持っているパーソナリティを活かすビジネスモデルの構築へ

田中 : 現在、結果の出るプログラムを主催されていますが、そのプログラムのタイトルと、内容について教えてください。

佐治 : 高収益を長期継続するミッション型事業計画実現プログラムというものを目的として、ザ・ミッション実践会というものを始めています。

これからの複雑で変化の激しい時代に、自分の生き様を経営に表していくことが重要だと思います。ただ単に時代の先読みをして、伸びる市場であったり、お客さまの多いところを狙ったところで、そこが必ず自社の強みを発揮できる市場とはかぎりません。

それどころか、伸びる市場ほど競争が激化する市場です。自分が誰のために仕事をしたいのか、自分はどういう思いで仕事をしてるのかという、本当に自分の腹からビジネスのあり方を生み出して、それを実際のビジネスモデルに展開していくというのが、私たちのビジネスの特徴です。

田中 : ミッションに特化して、そこから考えていく必要があるということですね。

佐治 : ミッションというと、人のためと思いがちですが、本当の意味でいくと、自分の持っているパーソナリティーを生かすビジネスモデルという感覚です。

半年で10%の営業利益の改善に成功

田中 : 現在プログラムを実践されて、ご自身、そして受講生の方は、どんな結果になっていますか。

佐治 : 実践会自体はまだ始めたばかりで、結果は具体的には見えにくいですが、実践会の前にテストでいろんな会社さんに、このメソッドを使っていただいてます。

その中では、売り上げを追求していた会社が、過去に最高の売り上げをあげていたにもかかわらず、赤字だったという会社さんが、ミッションを持って、商品サービス、価格の改善をしたことによって、15パーセントまで改善した会社さんがありました。

またブームが去って、3年連続右肩下がりになっていたポップコーン屋さんですが、ここも売り上げ追求型ではなく、ミッション追求型にすることによって、自分たちの適正価格や、やらないことは何なのかを明確にすることによって、ここも半年で10パーセントの営業利益が改善しました。

頑張るのではなく、基準をつくって改善して、収益を上げていくという事例がたくさん出てきています。

小林 : 今、営業利益で10パーセント、15パーセント出すというのは、なかなか難しいですよね。

佐治 : ほとんどの経営者さんは、左脳的な考え方、右脳的な考え方のどちらかに偏ってしまっています。

右脳で目的を考えて、左脳でチェックするというこの二つをつなげるPDCAの仕組みで、それによって数字が苦手な人たちが、数字を見るのが楽しくなって、たった数パーセントの値引きの判断や、逆に価格を引き上げる判断が、収益につながるんだということをご理解いただけるようになりました。

自分の分身を育成する仕組み化とシステム構築

田中 : 新講座型ビジネスを取り入れる前は、どのような課題がありましたか。

佐治 : ビジネスを伸ばしていく上で、サービスの再現性がすごく重要だと思います。私がやるコンサルティングと、スタッフの人がやるコンサルティングで、どうしても差が出てしまい、その差を埋めることに非常に苦労していました。頑張っていても差が埋まらないことに悩んでいました。

これはいろんな経営者に言えることだと思いますが、新講座型ビジネスに出会って、自分の分身というのを社員に置き換えるのではなくて、システムが補ってくれるんだということを実感しました。

これを取り込んだことによって、再現性の安定どころか、私が教える以上に質が上がり、私が教える時間が3分の1で済むようになって、再現性と品質のアップにもつながったと思います。

小林 : 品質アップというのは、なぜそういうことが起こったんですか。

佐治 : 今までのビジネスだと、教えることを主眼に時間を使ってしまうんですが、教えても、1日たったら20~30パーセント下がってしまい、実践する段階ではほとんど残ってないということになります。

それが動画学習をすることによって、常に動画を見ながら計画をつくって、計画資料に基づいて行動できるというのが、非常に早いスピードできるようになって、学習効率が上がったと思います。

お客様へのフィードバックの効率も向上

小林 : フィードバックに対しては、どういう取り組みをされていますか。

佐治 : まずは自分の中にあるものをアウトプットするんですが、その質が高くなっているので、3回繰り返してやるレベルのものが、1回でお客さまのアウトプットの質が上がっているので、こちらのフィードバックのしがいも出てきたし、その辺の効率も上がっています。

THE ONEでお客様の習慣に関するアプローチが出来るようになった

田中 : スタッフの教育のところでも、今回のビジネスが生きていますね。反転学習については、いかがですか。

佐治 : まさに反転学習の重要性を感じています。私も実際のビジネスの中で、結果が早く出るお客さまと、出ないお客さまがいて、この出ないお客さまというのはどういう課題があるのだろうと思ったときに、行動しているか、しないかですね。

もしくは、行動を正しくしているか、間違えてしているかというところですが、それって実は知識ではなくて習慣です。アウトプットというのは習慣や感情で動いているので、私の指導が習慣の改善であったり、思い込みのマインドセット、そこに集中することができます。

そこに集中することによって、なかなか結果が出なかった方に対して、徹底的に習慣に対するアプローチができるようになったので、結果の出なかった人たちが、どんどん結果が出るという事例が出ています。

THE ONEは社員教育がなかなかうまく行かない企業さんにオススメ

田中 : 新講座型ビジネス、特にどんな方たちにお勧めしたいですか。

佐治 : 今、自分が経営者として1人で引っ張っていて、現場の人たちの社員教育がなかなかうまくいかない会社さんは、こういう学習法を学ぶことによって、効率のいい社員育成にもなりますし、顧客育成にもなっていくと思うので、教えるという視点で悩んでいる方には、反転学習法が有効な手段だと思います。

田中 : 最後に、新講座型ビジネスを取り入れた上での、佐治さんの今後のビジョンを聞かせてください。

佐治 : 日本の現状はさまざまな問題を抱えていると思っています。例えば食品添加物が世界で一番多いということであったり、農薬の問題とか、これは日本のワーストワンという動画を見ると、ショッキングな情報がいっぱい流れています。これは、企業が規模を追求しようということから起きる問題だと思います。

世の中の問題を解決していく中小企業がたくさん生まれていくことが、重要ではないかと思っています。そういった意味で、今回の『年商1億円社長』という本も書きましたが、これからは中小企業の時代であり、中小企業でないと日本を変えていけないと思っています。

そういう人たちがどんどん生まれていくようなビジネスモデルを、この反転学習を使ってつくっていきたいと考えています。

経営者自身が「売上」や「数字」に負けない経営を

田中 : 正弥さんから見て、佐治邦彦さんのミッション、思いはいかがですか。

小林 : やはり経営者が売り上げというものに負けてはいけないなというのを、すごく思いました。売り上げを上げなくてはいけないという切迫感から、さまざまな問題が起こっていくけれども、佐治邦彦さんが提唱されているミッションを追求していく、そこに本当の答えがあるということを、あらためて感じています。

佐治邦彦さんのような新しい教育者がどんどん広がっていくと、よりよい社会になっていくと思いますので、自分もその1人だと思ったら、ぜひ教育の活動を始めていただけたらと思います。

田中 : 今日は特に再現性や社員教育、顧客教育、反転学習のポイントを教えていただけたと思います。本日は佐治邦彦さんにインタビューさせていただきました。ありがとうございました。

他にも多くの方々が「新・講座型ビジネス」で売上を上げています

クライアントの実績は?

ゼロから3ヶ月で月100万達成者が1年間で59名誕生(2019年10月時点)しています。講師である、小林正弥は出版社や研修コンサルティング会社、有名起業塾の講師にも指導しています。

出版と高額講座をワンストップで構築し、年収3000万から1億稼ぐクライアントもいます。

実際にゼロから月100万円を突破している方々

テンプレートに当てはめるだけで独自の講座プログラムが完成できます

「実践会 THE ONE」の最大の特徴は「出版から高額講座までワンストップで作れる」というポイントです。出版講座や起業マーケティング講座は世の中にありますが、セットで構築できる講座は聞いたことがありません。しかし「出版でできること」と「講座でできること」は異なります。

世の中に広く知識や情報を認知するなら「出版」が適しているし、お客様の結果を出すなら「講座」が適しています。結果、出版と講座をワンストップで構築するのがベストです。

『新・講座型ビジネス』構築の秘密を知れる体験セミナーがあります

実際の体験セミナーの様子

2018年5月から東京で開講している体験セミナーでは、お陰様で全国各地から述べ659名(2019年10月時点)の方々が参加をして頂いています。

セミナー構成として、前半1部は2時間の「新・講座型ビジネス構築セミナー」、そしてご希望者の方のみ2部として『新講座型ビジネス「THE ONE」コミュニティのご説明会』を行わせて頂いております。この講座では『新・講座型ビジネス』を構築する、あらゆる秘訣を惜しみなくお伝えしています。

参加者限定でもらえる5大特典

当日、講座の参加者には結果の出るプログラムに欠かせない「コンセプトメイキングシート」「教育ビジネス構築のチェックシート」など、5大特典をお渡ししています。

また講座終了後には、希望の方に講師である小林正弥と直接、相談できる時間も設けております。セミナーは毎月、東京で開催しています。沖縄からいらして頂いた方もいらっしゃいました。ぜひ、会場で皆様とお会いできます事を心より楽しみにしております。

『新・講座型ビジネス』を”体感”するセミナーはこちらから

▼セミナー参加で5大特典をゲットする▼

東京のセミナー会場に来られない方はテレビ電話ZOOMでも個別相談会を開催しています

毎月10名限定のオンライン相談はこちら▼

【無料お試し読み】2冊のお試し読みをプレゼント中

amazon3部門で1位を獲得した2冊の書籍を「お試し読み」として受け取ることができます

無料お試し読みをチェックする

関連記事

【成功事例】売上を上げた方々の事例集


【新・講座型ビジネス】で実際に売上を上げた方々の事例はこちらからチェックできます。

成功事例をチェックする

法人コンサル×新講座型ビジネス

健康×新講座型ビジネス

語学×新講座型ビジネス

WEB×新講座型ビジネス

女性起業×新講座型ビジネス

専門スキル×新講座型ビジネス