【成功事例:中村浩希様】自分の体験を活かした症状&体質改善プログラムを確立

最終更新日:2020年8月26日
 
 
 
「新・講座型ビジネス」で売上がアップした成功事例を紹介
 

小林:こんにちは。小林正弥です。
今回は活躍している専門家インタビューということで、『体質改善の専門家』中村浩希さんにお話を伺っていきます。浩希さん、よろしくお願いいたします。

中村:よろしくお願いします。

根っこからの体質改善が出来る専門講座が完成

小林:今、健康になりたい人、身体の悩みを抱えている方が、浩希さんの所に多数集まっていますが、どんなプログラムを提供されているのですか。

中村:私のプログラムは、薬や病院を長い間頼って来たけれど、なかなか症状が良くならなかった方が対象です。その症状を一時しのぎの対処療法ではなく、根っこの部分から体質改善をするプログラムを提供しています。

小林:なるほど。なぜ浩希さんは、このようなコンセプトのプログラムをやろうと思ったのですか。

中村:私は、24年間もの間、アレルギー性鼻炎で寒さが苦手なアレルギーに悩まされてきました。寒さから逃げるために沖縄に移住をしましたが、沖縄は常にクーラーが効いているので、結局は室内では相変わらず鼻炎が続くという状態でした。

しかし、ファスティングと食事に気を付けていると鼻炎の状態が良くなっていって、寒いところが別人みたいに大好きになり、北欧や長野で二拠点生活が出来るようになりました。なので「苦手な季節や苦手な天気が無いことがすごく幸せなことなんだよ」ということを1人でも多くの人に伝えたいと思い、このプログラムを始めました。

小林:なるほど。その鼻炎というのはパーソナルな症状ですが、先天的なものだったのですか。

中村:先天的なものだと24年間ずっと思い込んでいました。

私の場合、具体的にいえば小麦とお酒が不調の原因だったんです。長い間1つの症状で悩んでいる人は、先天的、生まれつきだから死ぬまで付き合っていくしかしょうがないと思い込んでしまっている人が多いです。

しかし実はそうじゃないんだよ、「食事にほとんどの原因があるんだよ」ということをお伝えしたいですね。

小林:これまでご自身で環境を変えたり、いろいろな薬も試したけれど上手くいかなかった。それが最終的には、ファスティングや自分で対処出来ることによって克服し、今は自分の好きな所で豊かな暮らしが出来ている、ということなんですね。

中村:はい。そういうことですね。

食とメンタルに気を配り自分の体を自分で管理する3ヶ月プログラム

小林:これまでをまとめたプログラムとは、具体的にどんな内容なのでしょうか。

中村:まず、「身体に悪いものをまず食べない。避けるべきものを避ける」などですね。プログラム期間の3ヶ月で、もちろんファスティングもやります。あと、外食をする時にどんな点に注意したらいいか。食べるものが身体を作るので、「口に入れるものに最大限の注意を払って知識を付けましょう」ということです。

小林:なるほど。浩希さんの場合は小麦やお酒が原因だったということですが、これは人によって違うのですか。

中村:そうですね。人によっては例えば乳製品だったり、パンだったりお米だったりします。あと、実は食べ物ではなくて職場で抱えている人間関係が原因だったりという人もいます。

小林:メンタルや人間関係ですね。

中村:食事にいくら気を付けていても、実は原因が人間関係だったという人は治りが悪いのです。メンタルケアも同時に行っていくという感じですね。

小林:ではまず、不調の原因が何かをパーソナルで特定をして、食やメンタルなどさまざまなアプローチから自分で健康になっていくための指導している、ということですか。

中村:そうですね。最終的には、薬や病院にこびずに自分の身体を自分で管理しようというところが目的です。

長年薬や病院に通っても改善しなかった方も良くなっている

小林:これは今、すごく求められているプログラムだと思いますが、どんな方がどんな理由で受けに来られるのでしょう。また、どんな変化があったのかもぜひ教えて頂きたいです。

中村:やはり、「今まであらゆる健康法を試してきたけれど、結局どれもだめで病院や薬が信じられない」という人間不信に半ば陥ってしまっている方が多いです。「アトピーで長年ステロイドを使ってました」や、「長いこと抗生物質を使っていました。」など、長い間薬と病院に頼ってきたけれど良くならなかった方が良くなっていますね。

小林:なるほど。その時の感激といったらきっとすごいでしょうね。

中村:そうですね、やはりすごい感激していただけます。「すごく良くなった」と写真が受講者から送られてくることもあります。アトピーの方が「ビフォーアフターでこれだけ変わりました」などもありますね。

すごく良い変化があった日は、私もどこかに飲みに行きますね。うれしくて、祝杯をあげたりしています。

小林:確かに私の知り合いも、アトピーや乾癬にすごく悩んでいる人たちがいます。あの症状が治ったら自分に自信も付くだろうし、全然変わりますよね。

中村:そうですね。自己肯定感が上がりますね。まさに、乾癬への対処プログラムを90日で終えて、「乾癬を直して温泉にいく」という目標を達成されたクライアントさんがちょうど卒業したところです。

小林:やはり一目に付きたくないとか、コンプレックスがあったということですか。

中村:そうですね。

メンタルケアや他メンバーとの交流でモチベーション維持

小林:そのプログラムは、「90日で身体を再生する」というコンセプトで行われていますが、人によって個人差はあるでしょうか。90日間はどういった流れで体質や身体の不調が改善されていくのですか。

中村:「右肩下がりで症状がストレートに90日間で良くなる」と思いがちですが、そうではありません。みなさん、やはり90日間の中で波がありますね。途中でモチベーションが少し落ちたり、再発があったりします。その波を繰り返しながら長い目で見ると右肩下がりになっているという感じですね。

小林:なるほど。

中村:モチベーションが少し落ちた時にはメンタルケアをしたり、他のメンバーさんと交流したりして、何とか続けていただくと結果が出ています。

小林:そういう意味では、自分との戦いですね。戦いの中で不安や不信感が出てくる時もあるけれど、そこで実際にその不安や不信感を乗り越えた浩希さんや、他のコミュニティの仲間がサポートしてくれるというところがメリットでしょうね。

中村:そうですね。2人3脚でずっとサポートすることが、病院などでは出来ないと思います。他のクライアントさんと交流を持つことは、病院ではなかなか無いじゃないですか。

小林:そうですね。

中村:そこが講座でこういう形でやっていることの強みかなと思いますね。

小林:確かに病院はとても便利であり必要なものだけど、逆に考えるとそこには病人さんしかいないし、健康になった人は行きませんからね。

中村:そうです。空気が良くないとでもいいましょうか。

小林:あと今は感染症やウイルスの問題もありますが、やはりこういったプログラムをやると、免疫が上がって風邪など病気にも強くなるのですか。

中村:そうですね。プログラムを始めてから「風邪を引いたのでちょっとお休みします」という方は今まで1度も出ていません。今回、コロナウイルスで話題になっていますが、不安になってオタオタしている人がいないんです。

小林:なるほどね。

中村:みなさん、免疫力が上がることによって自己肯定感も上がっているようで、健康意識を持たれている方が多かったのが今回すごく印象的でした。

小林:なるほど。そういう意味では、心身が強くなって不調が良くなるというだけではなくて、ポジティブな良い変化があるということですね。

中村:そうですね。必要以上に恐れていないという感じですね。

小林:確かに、「病は気から」と言いますからね。

中村:そうですね。

24時間オンラインサポートができる状態を新・講座ビジネスで構築

小林:浩希さんはオンラインで全国の方をサポートされています。私が浩希さんをサポートさせていただいた、新・講座型ビジネスという結果の出るプログラムのアプローチは、どのようにご自身の健康プログラムに役立てていただきましたか。

中村:今まで鍼灸師として、治療院や整骨院などいろんなところで勤めました。

しかし、1日のうち1人の患者さんに付き添えるのは長くても1時間です。24時間の中の1時間、どんなに同じ時間を過ごして有意義な治療をしても、残りの23時間は患者さんが何をしているかわからないという状態でした。

小林:なるほど。

中村:なので「2日3日経ったら戻っちゃいました」と症状が元の状態に戻ってしまう方もいて、そこがもやもやとしていました。そのもやもやが、正にこのプログラムで解消されたと思いましたね。ずっと2人3脚でゆるく24時間つながっている状態ですから。

例えば、ファスティングの途中で少し調子が悪くなった時もすぐに連絡が取り合えます。私もクライアントさんも、安心感という意味で、今までのもやもやが解消されて、患者さんを良くする、改善出来る率が上がったと思いました。

小林:なるほど。オンラインの反転学習を用いて常時生徒さんとつながる状態を作っておくことで、途中で挫折したり気持ちが下がってしまった時のサポートにスッと入れる。そして、より結果が出せるようになったということですね。

中村:はい。そうですね、私もそれが嬉しいですし、患者さんもそれで不安が取り除けると思うので、WIN&WINなシステムだと思います。

症状が改善したクライアントから健康意識の輪を広げたい

小林:では最後に、浩希さんの今後のビジョンについて教えていただけますか。

中村:もちろん1人1人クライアントさんの症状が治ることが大前提ですが、今後は、症状が治った方々が自分の周りの人たちを健康に出来たら良いなと思っています。

プログラムを実践して自分が健康になると、心身に余裕が出来るので、「健康意識が低めのお母さんやお父さんを健康にしてあげたい」といった意欲が湧いてくるんですね。ですから、私からクライアントさんに対してだけではなく、クライアントさんから身近な人たちに健康意識の輪が広がって行ったら良いなと思っています。

小林:なるほど。ということは、浩希さんみたいな体質改善の専門家をこれから全国に育てていくというイメージですか。

中村:はい、アドバイス出来るのが私だけではなくて、たくさん現れてくると良いなと思います。

小林:それは本当に素晴らしいコミュニティであり、ポジティブな連鎖が生まれていきますね。
わかりました。たくさんいろんなお話を聞かせていただいてありがとうございます。

中村:ありがとうございます。

小林:今後はやはり、薬などに頼らず、自分の人生や健康を自分で守ってより良くしていく時代だと思います。この浩希さんのプログラムがますます求められると思いますので、今後のご活躍を確信しています。

中村:ありがとうございます。

小林:今日はインタビューをさせていただきありがとうございました。

中村:こちらこそ、ありがとうございました。

【中村浩希様】受講後の変化まとめ

他にも多くの方々が「新・講座型ビジネス」で売上を上げています

クライアントの実績は?

ゼロから3ヶ月で月100万達成者が1年間で109名誕生(2020年10月時点)しています。講師である、小林正弥は出版社や研修コンサルティング会社、有名起業塾の講師にも指導しています。

出版と高額講座をワンストップで構築し、年収3000万から1億稼ぐクライアントもいます。

実際にゼロから月100万円を突破している方々

テンプレートに当てはめるだけで独自の講座プログラムが完成できます

「実践会 THE ONE」の最大の特徴は「出版から高額講座までワンストップで作れる」というポイントです。出版講座や起業マーケティング講座は世の中にありますが、セットで構築できる講座は聞いたことがありません。しかし「出版でできること」と「講座でできること」は異なります。

世の中に広く知識や情報を認知するなら「出版」が適しているし、お客様の結果を出すなら「講座」が適しています。結果、出版と講座をワンストップで構築するのがベストです。

『新・講座型ビジネス』構築の秘密を知れる体験セミナーがあります

実際の体験セミナーの様子

2018年5月から開講している体験セミナーでは、お陰様で全国各地から述べ1126名(2020年10月時点)の方々が参加。現在はオンラインで開催しており、全国・全世界から受講生が集まっています。

セミナー構成として、前半1部は2時間の「新・講座型ビジネス構築セミナー」、そしてご希望者の方のみ2部として『新講座型ビジネス「THE ONE」コミュニティのご説明会』を行わせて頂いております。この講座では『新・講座型ビジネス』を構築する、あらゆる秘訣を惜しみなくお伝えしています。


現在はオンラインにて体験セミナーを実施しています。

参加者限定でもらえる4大特典

当日、講座の参加者には結果の出るプログラムに欠かせない「コンセプトメイキングシート」「教育ビジネス構築のチェックシート」など、4大特典をお渡ししています。

ご自身の興味に合わせて300以上の教育ビジネスの中から成功事例をお伝えしています。オンラインセミナーであなたとお会いできます事を心より楽しみにしております。

『新・講座型ビジネス』を”体感”するセミナーはこちらから

▼セミナー参加で4大特典をゲットする▼

現在はオンライン開催のため、全国・全世界からご受講可能です。

【無料お試し読み】3冊のお試し読みをプレゼント中

amazon3部門で1位を獲得した3冊の書籍を「お試し読み」として受け取ることができます

無料お試し読みをチェックする

【成功事例】売上を上げた方々の事例集

【新・講座型ビジネス】で実際に売上を上げた方々の事例はこちらからチェックできます。

成功事例をチェックする

関連記事

著者×新講座型ビジネス

法人コンサル×新講座型ビジネス

健康×新講座型ビジネス

語学×新講座型ビジネス

WEB×新講座型ビジネス

女性起業×新講座型ビジネス

専門スキル×新講座型ビジネス