web集客とは?5つの種類と業界別おすすめの集客方法一覧

最終更新日:2020年9月1日

「web集客」とは、webを活用してお客様を集めることです。web集客には5つの種類があり、それぞれの種類で行われる方法も異なります。

web集客の種類 使われる方法
①検索エンジンからの集客 ・SEO対策をする
・リスティング広告を出す
②web広告からの集客 ・バナー広告を出す
・アフィリエイト広告を利用する
③ソーシャルメディア(facebookやInstagram、twitterなど)からの集客 ・SNSへ投稿する
・SNSへ広告を出す
④外部サイトからの集客 ・外部サイトにリンクを貼ってもらう
・ポータルサイトに掲載する
⑤自社サイト(ホームページ)・ブログから直接集客 ・メールマガジンを配信する

上記のweb集客の種類・方法にはそれぞれメリットとデメリットがあり、業界によって適しているweb集客方法も変わってきます。

この記事では、web集客の概要を説明した後、上記の5つのweb集客の種類と手法別にメリットとデメリットを解説していきます。そして、自社に合ったweb集客のやり方を選んでいただくために、業界別おすすめのweb集客の方法を、成功事例を取り上げながらご紹介します。

「どんな方法を使ってweb集客をすれば良いのか分からない…」という方の参考になれば幸いです。

 

1. web集客とは?

冒頭でも説明した通り、web集客とはwebを活用してお客様を集めることです。自社のホームページやブログ、メディア、GoogleやYahoo!といった検索エンジン、SNS(facebookやtwitter、Instagram)といった、web上のあらゆるツールやサービスを活用して集客していきます。

webでの集客は、今、ビジネスの場で重要視されている集客方法であり、実際に行っている企業も増えています。なぜなら、今は多くの人がweb上のツールやサービスを利用しているからです。

利用者が多いwebを活用すれば自社の認知度が高まり、既存ユーザーだけでなく、自社のことを知らない見込み顧客の集客も可能になります。

 

2. web集客5つの種類

web集客には5つの種類があります。

1. 検索エンジンからの集客
2. web広告からの集客
3. ソーシャルメディアからの集客
4. 外部サイトからの集客
5. 自社サイト・ブログから直接集客

1つずつ説明していきましょう。

 

2-1. 検索エンジンからの集客

GoogleやYahoo!といった検索エンジンから集客するものです。検索エンジンでキーワード検索したユーザーに、自社のホームページやメディア、ブログなどを訪問してもらうことで集客していきます。

検索エンジンから集客で使われる方法としては、「SEO対策」や「リスティング広告の出稿」の2つがあります。

 

2-2. web広告からの集客

webサイトや検索エンジンなどの広告枠に表示される、画像や動画付きの広告をユーザーが見てクリックしてもらうことで集客していくものです。

web広告で集客するには、「バナー広告」「アフィリエイト広告」などを出す方法が使われます。

 

2-3. ソーシャルメディアからの集客

facebookやInstagram、twitter、YouTubeといったソーシャルメディア(SNS)から集客するものです。

ソーシャルメディアからの集客で行われる方法には、主に「SNSへの投稿」と「SNSへ広告を出す」の2つがあります。

SNSに情報を投稿したり広告を配信したりすることで自社の存在を知ってもらい、ホームページやブログなどを訪問したり、問い合わせをしてもらったりすることで集客していきます。

 

2-4. 外部サイトからの集客

外部サイトに貼られた自社のホームページやブログなどのリンクをクリックしてもらうことで集客するものです。

自社と関連性のある商材を提供する他社サイトやポータルサイトなどに、自社のホームページやブログなどのリンクを掲載してもらう方法がとられます。

 

2-5. 自社サイト・ブログから直接集客

検索エンジンや広告、ソーシャルメディアなどを利用することなく、自社のホームページやブログから直接集客するものです。

何らかの方法で自社のホームページやブログを見つけてもらった後にブックマークに登録してもらったり、自社のホームページのリンクを掲載したメールマガジン(メルマガ)を配信したりする方法がとられます。

 

3. web集客の方法別・メリット&デメリット

「2. web集客5つの種類」で紹介したweb集客の種類は、それぞれ次のような方法を活用して行っていきます。

1. 検索エンジンからの集客…SEO対策をする/リスティング広告を出す
2. web広告からの集客…バナー広告を出す/アフィリエイト広告を利用する
3. ソーシャルメディアからの集客…SNSへ投稿する/SNS広告を出す
4. 外部サイトからの集客‥外部サイトやポータルサイトに自社のホームページやブログのリンクを貼ってもらう
5. 自社サイト・ブログから直接集客…メールマガジンを配信する

ここでは、それぞれのweb集客の種類でとられる方法について、メリットとデメリットの説明を加えながら解説していきます。

 

3-1. SEO対策による集客方法のメリット&デメリット

「SEO」とは“Search Engine Optimization”の略で、「検索エンジン最適化」という意味です。

そして、ユーザーがGoogleやYahoo!といった検索エンジンを使ってキーワード検索をしたとき、そのキーワードで自社のホームページやブログなどを上位に表示させるよう最適な状態にする対策のことを「SEO対策」と呼びます。

web集客においては、自社や提供している商材に関連したキーワードで自社のホームページやブログなどを上位表示させる方法がとられます。

SEO対策による集客のメリットとデメリットは、次の通りです。

メリット デメリット
①ホームページ・ブログで質の高いコンテンツ(情報)を提供すれば、継続的な集客を見込める
②特定のキーワードで集客できるため、ターゲットを絞って集客できる
①ホームページやブログなどに掲載するコンテンツの作成や更新といった作業に時間を取られる
③SEOやwebマーケティングに関する知識が必要になる
③集客につながるまでに時間を要する

特定のキーワードで検索したユーザーが求める情報を考慮した良質なコンテンツをホームページやブログなどに掲載し続けることで、検索エンジンから評価されやすくなります。

検索エンジンから評価されれば、その特定キーワードの検索結果の上位に表示されやすくなります。上位表示されるサイトはクリック率が高いため、自社を知ってもらうきっかけを作りやすく、継続的な集客を見込めるのです。

また、特定のキーワードで集客するため、ターゲットを絞った集客も可能になります。たとえば、「東京 カフェ おしゃれ」というキーワードで集客するとした場合、「東京のおしゃれなカフェを探している」というターゲットを集客できます。

ただ、特定のキーワード検索エンジンの上位に表示させるには、そのキーワードで検索したユーザーにとって有益なコンテンツを掲載し続けなければなりません。

また、一度良質なコンテンツを掲載したとしても、情報が古いままでは検索エンジンからの評価が落ち、上位表示されなくなることもあります。有益なコンテンツを作成し、掲載後も更新するという手間が発生します。

さらに、作成したコンテンツによっては検索エンジンに評価されず、集客につながるまでに時間を要する場合もあるのが、SEO対策のデメリットです。

 

3-2. リスティング広告の出稿による集客方法のメリット&デメリット

「リスティング広告」というのは、ユーザーがGoogleやYahoo!といった検索エンジンを使って検索をしたときに、その結果に連動して表示される広告のことです。

検索エンジンでの検索結果画面の上部や右側に掲載されている「広告」や「Ad」といったマークが表示されている広告が、リスティング広告です。

リスティング広告は、ユーザーがクリックするごとに課金される(支払いが発生する)仕組みです。広告料金は、入札形式(このキーワードならこのくらいお金を出してもいい)で設定されます。

各検索エンジンのリスティング広告専用ページから申し込みをすることで、出稿することができます。

リスティング広告のメリットとデメリットは、次の通りです。

メリット デメリット
①特定のユーザーを狙って広告を出しやすい
②広告表示をコントロールできる
③低予算から始められる
①競合が多いキーワードで広告を出そうとするとコストがかかる
②運用の手間がかかる

リスティング広告は、特定のキーワードで検索するユーザー層を狙って広告を出せます。

また、リスティング広告は、広告の表示/非表示といった設定から、検索結果の上部に表示させるなど、広告の表示をコントロールすることができます。成果を見込めないのであれば停止、他のweb集客の成果が出るまで一時的に利用するといった設定が可能です。

さらに、リスティング広告は、広告がクリックされてから初めて支払いが発生します。クリックされなければ広告費がかからないため、低予算で始められます。

ただ、検索結果に広告を表示したいキーワードの競合が多いほど、最低入札価格も高くなります。狙うキーワードによっては広告費を多く抱える企業に負けて、効果を出すことが難しくなる場合もあります。

また、リスティング広告は「運用型広告」とも呼ばれ、広告の成果や入札調整、予算の管理、広告が表示された回数、クリックされた回数などの効果測定をしながらの運用が必要となります。リスティング広告運用代理店に運用を任せることもできますが、自社で行うには運用のリソースを確保しなければならないのがデメリットといえるでしょう。

 

3-3. バナー広告の出稿による集客方法のメリット&デメリット

バナー広告は、webサイトや検索エンジンなどの広告枠に表示する広告です。広告枠はwebサイトの右側や下部に設けられ、画像や動画で表示することが多いです。

このバナー広告をユーザーにクリックしてもらうことで、自社のホームページやブログなどへ誘導させることが可能になります。

バナー広告は、広告枠を買い取って掲載する方法や、自社と関連性のあるwebサイトの広告枠に掲載する方法がとられます。

バナー広告による集客方法のメリットとデメリットは、次の通りです。

メリット デメリット
①ユーザーの目に触れる機会が多い
②ビジュアルがあるため関心を惹きやすい
①バナー作成の手間がかかる
②成果が出るまで時間がかかったり、成果の差が大きい

バナー広告は、SEO対策やリスティング広告とは異なり、特定のキーワードによるターゲティングをして出すものではありません。広告枠を買えばそこにバナー広告を載せることができるので、利用者が多い検索エンジンであれば露出を増やすことができ、ユーザーの認知度も上がります。

また、画像や動画といったビジュアルを使用するため、ユーザーの印象に残りやすいです。

ただ、バナー広告には画像や動画を使うため、作成には時間を要します。広告を出したいと思ったときに、すぐ出稿することは難しいといえます。

また、ユーザーの関心度やバナーのビジュアルによってはクリックされにくいため、成果が出るまで時間を要する場合があります。インパクトのあるバナー広告を出せば効果は大きいですが、魅力のないバナー広告を出してしまった場合は、成果を得にくいのがデメリットです。

 

3-4. アフィリエイト広告の利用による集客方法のメリット&デメリット

「アフィリエイト広告」というのは、自社の商材をブログで紹介してもらったり、アフィリエイト用の広告を貼ってもらったりすることで、自社のホームページや商材購入ページへ誘導させるもの。“ASP(Affiliate Service Provider)”という広告代理店(アフィリエイトサービスプロバイダー)に広告の掲載を依頼し、ASPに登録しているユーザー(アフィリエイター)がその広告をブログに掲載する仕組みです。

商材を紹介した記事や広告を貼った記事を読んだユーザーが自社の商材を購入すると、その紹介した人に報酬が支払われます。

アフィリエイト広告による集客方法のメリットとデメリットは、次の通りです。

メリット デメリット
購買・利用意欲の高い層を集客できる コストがかかる

アフィリエイト広告は、自社の商材を使ったことのあるユーザーや商材に詳しいユーザーが紹介するため、購買・利用意欲の高い層の集客ができるのがメリットです。

ただ、ASPへ広告を掲載する初期費用や利用料、そしてユーザーが商材を購入すれば報酬を支払う必要があります。広告予算が決められている場合には、不向きといえるでしょう。

 

3-5. SNSへの投稿による集客方法のメリット&デメリット

自社のfacebookやInstagram、twitter、YouTubeのアカウントへ投稿することによる集客方法です。

SNSへの投稿による集客方法のメリットとデメリットは、次の通りです。

メリット デメリット
①スマートフォン利用者の大半が利用しているため、多くの人の目に留まりやすい
②ターゲット層によって使い分けができる
③SNSによっては拡散力や視聴率が高く、多くの人に知ってもらえる
①継続的な投稿が求められるため手間と時間の負担がある
②投稿によっては効果を得るのに時間がかかる

今やSNSは、スマートフォン利用者の大半が使っているといわれています。そんなSNSに、ユーザーにとって有益な情報や興味深い情報を投稿すれば、話題となる可能性が高くなり、集客効果も見込めます。

また、SNSによっては利用者層が異なるため、自社の商材のターゲット層を狙った集客も可能です。たとえば、自社の商材が20代女性向けであれば、20代女性が多く使っているInstagramで訴求すると、集客効果が高まります。

さらに、SNSによっては拡散力の高いものがあります。twitterやfacebookが該当し、投稿が「いいね」や「リツイート」、「シェア」されれば、ユーザーのフォロワーにも知られるため、その投稿を見た人を集客できる可能性があります。

また、YouTubeは、最近では「YouTuber(ユーチューバー)」と呼ばれる動画投稿の広告料で生活している人気者も多いことから、視聴率が高くなっています。投稿した動画が人気になれば、それだけ話題になって何十万・何百万回も視聴されることも珍しくないため、多くの人を集客できる可能性が高いです。

ただ、継続的な投稿が求められるため、その手間と作業時間に対する負担が大きいです。投稿によってはユーザーに刺さらず、効果を得るまでに時間を要する場合もあります。

 

3-6. SNSへ広告を出すことによる集客のメリット&デメリット

facebookやInstagram、twitterで広告を配信していく方法です。SNS広告は、ユーザーのタイムラインに、フォローしているアカウントの投稿のように表示されます。

SNS広告のメリットとデメリットは、次の通りです。

メリット デメリット
①自社の商材を知らないターゲット層へ認識してもらえる
②精度の高いターゲティングを行える
③拡散力がある
①広告運用にコストと手間がかかる
②広告のビジュアルによっては効果を見込めない

SNS広告は、ユーザーのフォロー情報などから関心・興味を読み取り、それに合致するユーザーに配信されます。

つまり、自社のアカウントをユーザーがフォローしていなくても、ユーザーの関心が自社の商材と近ければ、ユーザーのタイムラインに広告が配信される可能性があるのです。このため、自社の商材を知らないターゲット層の集客も可能になります。

また、SNS広告は、精度の高いターゲティングを行えます。年齢や性別、居住地域、ターゲット層の関心内容などを設定して広告配信できるのです。

さらに、SNS広告は、通常の投稿のように「いいね」を示せたり、シェアしたりすることができます。広告を見たユーザーの興味を引ければ、ユーザーのフォロワーにも広告がタイムラインに表示されるため、拡散されればされるほど認知度が高まり、集客効果も高まります。

ただ、広告の運用にコストと手間がかかります。

また、ユーザーにとって魅力的でないビジュアルの広告だと集客効果を得ることは難しいです。

 

3-7. 外部サイトやポータルサイトにリンクを貼ってもらう集客方法のメリット&デメリット

外部サイトやポータルサイトに、自社のホームページやブログのリンクを貼ってもらう集客方法です。メリットとデメリットは、次の通りです。

メリット デメリット
①購買・利用意欲の高いユーザーを集客できる
②検索エンジンからの集客にもつながる
外部サイトの場合は、自社リンクを貼ってもらうまでに時間と手間を要する

自社と関連する商材を展開している外部サイトやポータルサイトに自社リンクを掲載してもらえば、購買・利用意欲の高いユーザーを集客できます。リンクを貼ってもらう外部サイトが多いほど、集客のチャンスも増えます。

また、外部サイトに自社リンクを貼ってもらうことは、検索エンジンからの集客に効果をもたらします。外部サイトに自社リンクが掲載されていると検索エンジンに評価され、上位表示もされやすくなるからです。

デメリットは、外部サイトの場合は、自社のリンクを貼ってもらうまでに時間と手間を要することです。

外部サイトに自社のリンクを貼ってもらうには、まず自社のホームページやブログで良質なコンテンツを発信し続けて、多くの人に知ってもらう必要があります。自社のホームページやブログを知った人が「自分のサイト・ブログで紹介したい!」と思って初めて、自社リンクが貼られるのです。

ただ、自社や自社の商材が話題となれば、ニュースサイトやPRサイトなどに取り上げられる可能性もあるため、そのサイトに自社リンクを貼ってもらうチャンスはあります。ニュースサイトやPRサイトはたくさんの人の目に留まる媒体のため、自社リンクを貼ってもらえれば集客効果は高くなるでしょう。

 

3-8. メールマガジンを配信する集客方法のメリット&デメリット

自社のホームページやブログへ直接訪問してもらうには、メールマガジンを配信する集客方法がとられます。

何らかの方法で自社の商材のことを知って利用してもらったとき、ポイントカードやオンラインショップなどの会員になってもらい、自社のホームページやブログのリンクを掲載したメールマガジンを送るのです。

メールマガジンを配信する集客方法のメリットとデメリットは、次の通りです。

メリット デメリット
自社リンクがブックマークに登録されれば、訪問回数が増えて安定した集客を見込める 良質なメールマガジンの配信、ユーザーが訪問したくなるようなサイトを作る必要があるため、作業時間の確保が必要

ユーザーの興味を引くメールマガジンであれば、掲載した自社のホームページやブログのリンクを直接クリックして訪問してくれる可能性があります。

さらに、「また訪問したい!」と思ってもらえればブラウザのブックマークに登録される可能性も高く、そこから直接自社サイトやブログにアクセスしてもらって集客することも可能です。ブックマークに登録されれば直接訪問回数も増えるため、安定した集客を見込めます。

ただ、良質なメールマガジンを配信したり、ユーザーが「また訪問したい!」と思ってもらえるようなホームページやブログに育てていったりする必要があるため、時間と手間がかかるというデメリットがあります。

 

4. web集客の種類と方法別・おすすめのケース

ここで、2章と3章で紹介したweb集客の種類とその方法について、おすすめのケースごとにまとめます。無料で行えるものと有料で行うものに分けて比較表にしましたので、参考にしてください。

4-1. 無料で行えるweb集客の種類・方法のおすすめのケース

web集客の種類 集客の方法 こんなときにおすすめ!
検索エンジンからの集客 SEO対策をする ・特定のターゲットを集客したい
・安定的な集客をしたい
・SEOやwebマーケティングの知識がある
ソーシャルメディアからの集客 SNSへ投稿する ・コストをかけずに集客したい
・特定のターゲットを集客したい
外部サイトからの集客 外部サイトやポータルサイトに自社リンクを掲載してもらう ・自社に興味を持ってくれそうな人を集客したい
・検索エンジンからの集客も狙いたい
自社サイト・ブログから直接集客

自社リンク付きのメールマガジンを配信する

・安定的な集客をしたい
・確実な集客を狙いたい

無料で行えるweb集客の種類・方法は、実践するための準備が必要で、成果が出るまで時間を要しますが、一度効果が出たら安定的な集客を見込みやすいのが特長です。長期的な施策になりますが、集客にコストをかけずに売り上げへつなげたいときにおすすめです。

 

4-2. 有料で行うweb集客の種類・方法のおすすめのケース

web集客の種類 集客の方法 こんなときにおすすめ!
検索エンジンからの集客 リスティング広告を出す ・即効性のある集客をしたい
・特定のユーザーを狙って集客したい
Web広告からの集客 バナー広告を出す なるべくたくさんの人に知ってもらって集客したい
アフィリエイト広告を利用する 自社の商材に興味がある人を確実に集客したい
ソーシャルメディアからの集客 SNS広告を出す ・自社に関心を持ってくれそうな人を集客したい
・特定のユーザーを狙って集客したい

有料で行うweb集客の種類・方法は、即効性があり、確実な成果を出しやすいといえます。費用をかけてでも集客して、早く売上アップを実現したいときにおすすめです。

 

5. 【成功事例付き】業界別おすすめのweb集客方法一覧

4章で示したweb集客の種類・方法の比較表を見ても「どれが自社に合うか分からない/決められない」という場合は、自社の業界に適しているweb集客の種類・方法を選ぶのも有効です。

以下は、おすすめのweb集客方法を業界別にまとめた表になります。

業界 web集客の種類 方法
小売 ①検索エンジンからの集客
②ソーシャルメディアからの集客
③自社サイト・ブログから直接集客
①SEO対策/リスティング広告の配信
②SNSへの投稿/SNS広告の配信
③メルマガの配信
不動産 ①検索エンジンからの集客
②ソーシャルメディアからの集客
③外部サイトからの集客
①SEO対策
②SNSへの投稿
③ポータルサイトに掲載する
飲食店・宿泊 ①検索エンジンからの集客
②ソーシャルメディアからの集客
①SEO対策
②SNSへの投稿
教育・学習支援 ①ソーシャルメディアからの集客
②自社サイト・ブログから直接集客
①SNSへの投稿
②ホームページ・ブログを充実させる
医療 ①検索エンジンからの集客
②外部サイトからの集客
③自社サイト・ブログから直接集客
①SEO対策/リスティング広告
②ポータルサイトに掲載する
③ホームページ・ブログの充実
士業 ①検索エンジンからの集客
②ソーシャルメディアからの集客
③外部サイトからの集客
①SEO対策
②SNS広告を出す
③ポータルサイトに掲載する
金融 検索エンジンからの集客 SEO対策
美容 ①検索エンジンからの集客
②ソーシャルメディアからの集客
③外部サイトからの集客
④自社サイト・ブログから直接集客
①SEO対策
②SNSへの投稿
③ポータルサイトに掲載する
④ホームページ・ブログを充実させる

では、それぞれの業界がなぜ上記のweb集客の種類・方法がおすすめなのか、web集客に成功した事例を踏まえて紹介していきましょう。

 

5-1. 小売

小売業界でおすすめのweb集客の種類・方法は、以下の通りです。

①検索エンジンからの集客…SEO対策/リスティング広告の配信
②ソーシャルメディアからの集客…SNSへの投稿/SNS広告の配信
③自社サイト・ブログから直接集客…メールマガジンの配信

小売のターゲットである一般消費者は、インターネットで自分のニーズを満たす商品を探すことが多いです。「お店に行ってみたい!」や「あのお店の商品を買ってみたい!」と思わせ、実際にお店に行くきっかけ作りとして適しているのが、上記のweb集客の種類・方法になります。

上記のweb集客の種類・方法の中でも成功しやすいのが、検索エンジンによる集客です。靴下を販売する人気ショップ「靴下屋」を展開するタビオ株式会社が、この集客方法で成功しています。

 実施したweb集客方法 得られた成果
①展開している商品に関わるコーディネートやプレゼントに適したアイテムの紹介記事を、SEO対策をしながら配信
②特定のキーワードで検索した人の結果にリスティング広告が表示されるようにする
①『サンダル×ソックス コーディネートまとめ』という約2,500PV(ページビュー)だった記事が、約1万2,000PVと5倍にアップ
②売り上げが前年比で約10~15%アップ

参考:サービス導入実績 タビオ様|株式会社Faber Company(ファベル カンパニー)

タビオが成功した理由としては、次の2点といえます。

1. 展開している商品を消費者が買った後の活用法に注目して、その活用法を記事化し、「役立つ情報を配信している」と思わせた

2. 「プレゼント選び」という悩みがちな問題に注目して、オススメを紹介して選びやすくさせ、「役立つ情報を配信している」と思わせた

 

5-2. 不動産

不動産業界でおすすめのweb集客の種類・方法は、以下の通りです。

①検索エンジンからの集客…SEO対策
②ソーシャルメディアからの集客…SNSへの投稿
③外部サイトからの集客…ポータルサイトに掲載する

チラシのポスティングだけでなく自社のホームページを使って集客している不動産企業も多いですが、それだけでは競合に勝つことは難しくなっています。他の不動産企業もwebによる集客が当たり前になってきているからです。

競合に買って見込み客を集客するためには、特定のキーワードで物件を検索した人のニーズを満たすように、自社のホームページ内のコンテンツをSEO対策するのが適しています。

検索エンジンでの集客に成功しているのが、株式会社三好不動産です。

 実施したweb集客方法 得られた成果
企業のイメージアップを目的としたホームページから、顧客を直接囲い込みホームページへリニューアル
【リニューアルしたこと】
・紹介物件数を増やし、徐々に質の高に物件の掲載も増やす
・特定キーワードでGoogle上位に表示するようSEO対策を実施
ホームページへのアクセス数が3倍に伸びた

参考:株式会社 三好不動産 成功事例|株式ペンシル

三好不動産が成功した理由としては、「物件を探す人の視点でホームページを改善したから」といえますね。

また、「スーモ」や「アットホーム」といったポータルサイトは物件を探す人がよく使うため、登録しておくと良いでしょう。

不動産はビジュアル面での訴求も効果的のため、ソーシャルメディアも活用すると効果的です。

 

5-3. 飲食店・宿泊

飲食店・宿泊業界でおすすめのweb集客の種類・方法は、以下の通りです。

①検索エンジンからの集客…SEO対策
②ソーシャルメディアからの集客…SNSへの投稿

飲食店・宿泊のweb集客でこれまで主流だったのは、ポータルサイトへの登録です。しかし、飲食店・宿泊は競合が多いため、ポータルサイトへの掲載だけでは、ターゲットに自社を見つけてもらって、集客するのは難しいです。

そこで、自社のホームページやブログにターゲットが知りたい情報や役立つ情報をSEO対策をしながら発信していけば、検索エンジンで上位表示されたときに知ってもらいやすくなり、集客につながります。

検索エンジンでの集客に成功したのが、花菱ホテルです。

 実施したweb集客方法 得られた成果
SEO対策をしたホームページのリニューアル ・SEO対策で知名度があがり、前年比2倍の売り上げを達成した
・ポータルサイトからの売り上げにも貢献し、1.5倍以上の売り上げを達成した

参考:花菱ホテル 成功事例|株式ペンシル

また、飲食店や宿泊業界はビジュアル面でも訴求しやすいため、一般消費者の利用が多いソーシャルメディアの活用も欠かせません。

 

5-4. 教育・学習支援

教育・学習支援業界でおすすめのweb集客の種類・方法は、次の通りです。

①検索エンジンからの集客…SEO対策
②ソーシャルメディアからの集客…SNSへの投稿/SNS広告の配信

親御さんが子供に通わせたい塾や予備校、習わせたい講座などを探すときは、今はスマートフォンなどを使ってwebを使うのが一般的です。

従来はチラシのポスティングによる集客が主流でしたが、チラシでは掲載できる情報量が限られており、塾のメリットや講座の内容くらいしか載せられませんでした。

しかし、ホームページやブログであれば、メリットや講座の詳細を伝えられるとともに、教育方法・方針など自社ならではの情報を載せることが可能になります。

また、チラシとは違って、webではお問い合わせフォームも設置できるため、ユーザーの行動を促しやすいといえます。

そんなホームページやブログにSEO対策をしておけば検索エンジンでの上位表示も可能になり、教室や講座を探している親御さんが検索エンジンで検索したときに目に留まりやすくなり、集客効果も見込めます。

また、ソーシャルメディアも情報収集に使われることが多いです。SNSでキャンペーンやイベント情報を発信したり、広告を配信したりすれば、特定の親御さんの集客が可能になります。

そんなSNSでの集客に成功した、幼児・子供向け英語教材「ディズニー英語システム」を展開している、ワールド・ファミリー株式会社の事例があります。

 実施したweb集客方法 得られた成果
自社のホームページにリンクさせるfacebook広告を配信 ・ホームページでのコンバージョンが2.4倍に増加した
・ホームページへの訪問が19%増加した

 参考:ワールド・ファミリー株式会社:Facebook ads case study

ワールド・ファミリーは、幼児や小さい子供を持つ年齢として考えらえる25歳〜44歳をターゲットにfacebook広告を配信したそうです。ターゲットを的確に設定した広告訴求が効果的だったといえますね。

 

5-5. 医療

医療業界でおすすめのweb集客の種類・方法は、以下の通りです。

①検索エンジンからの集客…SEO対策/リスティング広告の配信
②外部サイトからの集客…ポータルサイトに掲載する

インターネットが普及してから情報収集が容易になったため、「自宅から距離があっても、評判のいいところや医師やスタッフの対応が丁寧な病院へ行く」という傾向が強くなっています。

このため、医療業界でもweb集客は欠かせず、特定の悩みに関するキーワードで検索する患者の目に留まるよう、ホームページやブログにSEO対策をしたコンテンツを発信するのがおすすめです。

患者が悩みそうなことをSEO対策をしながら記事化し、正確な情報を届ける独自のメディアを立ち上げ成功したのが「とうきょうスカイツリー駅前内科」です。

 実施したweb集客方法 得られた成果
ターゲットとなる人が悩みそうなことを記事化し、正確な情報を届ける独自のメディアを立ち上げる ・月10件ほどの問い合わせにつながり、来院の患者が増加した
・遠方のユーザーが悩み相談をしてくるようになった

参考:【導入事例】開業しただけでは集まらない、クリニック発の専門メディアで新規患者が増加|ferret One

また、ポータルサイトにも掲載すれば、病院を探す患者の目にも留まりやすくなり、集客効果を見込めるでしょう。

 

5-6. 士業

士業でおすすめのweb集客の種類・方法は、次の通りです。

①検索エンジンからの集客…SEO対策/リスティング広告の出稿
②ソーシャルメディアからの集客…SNS広告の配信
③外部サイトからの集客…ポータルサイトに掲載する

士業も競合が多い業界のため、SEO対策を施したコンテンツをホームページやブログなどで発信して、他社と差別化する集客方法が効果的です。

ホームページでのweb集客に成功した事例が、小林一行司法書士事務所です。

 実施したweb集客方法 得られた成果
同業他社にはない強みを前面に出したホームページにリニューアル ホームページを通して、定期的なコンバージョンを獲得

参考:小林一行司法書士事務所様 | 士業No.1品質のホームページ制作【集客できるホームページ制作】株式会社エムハンド

また、特定の地域で士業の資格を持つ人を探している人をターゲットにしたい場合はリスティング広告、性別や年齢、関心ごとなど細かくターゲットを指定して集客したいときはfacebook広告の出稿がおすすめです。

多くの事務所が登録しているポータルサイトへの掲載も行うと良いでしょう。

 

5-7. 金融

金融業界でおすすめのweb集客の種類・方法は、検索エンジンからの集客です。特に、お金に関する悩みで検索する人をターゲットにした記事を、自社のホームページや独自のwebメディアで発信して集客するのが効果的です。

金融商品は、お金と人生に関わるものです。お金に関しては長期に渡って支払っていくため、「金融商品選びには失敗したくない!」という人が多くいます。

そんな金融商品をターゲットユーザーに買ってもらうためには、自社への信頼を持ってもらうことが大切。「この企業なら安心できそう!」と思ってもらえたら、金融商品を買ってもらえる可能性が高くなります。

自社への信頼を持ってもらうことを叶えるのが、検索エンジンからの集客といえます。独自のメディアを立ち上げて集客に成功したのが、常陽銀行です。

 実施したweb集客方法 得られた成果
女性向けのメディア「J-Palette(ジェイパレット)」を立ち上げ、就職や結婚、出産、住宅購入といったライフイベントのお金にまつわる情報を記載した記事を発信 最初に投稿した記事3本が、1カ月で1,400回訪問された

参考:常陽銀行様 事例|株式会社Faber Company(ファベル カンパニー)

女性が悩みがちなお金に関する悩みを解決する記事や知っておくと便利な知識を盛り込んだ記事を、SEO対策をしながら配信して成功した事例です。

「この役立つ記事を発信している企業ってどこなんだろう?」と思わせることができ、ホームページに訪問してもらうことも可能になります。

 

5-8. 美容

美容業界でおすすめのweb集客の種類・方法は、以下の通りです。

①検索エンジンからの集客…SEO対策
②ソーシャルメディアからの集客…SNSへの投稿
③外部サイトからの集客…ポータルサイトに掲載する

美容業界は全国的にも店舗が多く、業界内の競争も激しくなっています。

そんな美容業でweb集客に成功させるには、自社のホームページやブログを地域ワードを含めた特定キーワードで検索エンジンの上位表示されるように、SEO対策をしたコンテンツを発信するのがおすすめです。

美容サロン「叶(かなう)」が、検索エンジンによる方法で成功しています。

 実施したweb集客方法 得られた成果
①エステに関するキーワードで上位表示されるようホームページをリニューアル
②Googleマイビジネスへの掲載
①ホームページリニューアル後、Google検索順位が改善
②Googleマップの上位にも表示

参考:エステサロン叶(かなう)さんのホームページをリニューアル | 松江・出雲の信頼できるホームページ制作・SEO対策ならフューチャイズム

ただ、SEO対策だけでは集客は見込ません。美容業界はビジュアル面での訴求も効果的のため、SNSへの投稿も並行して行っていきたいところです。

ポータルサイトは競合が多くユーザーの目に留まりにくいですが、サロンの雰囲気や「これだけは他社に負けない!」という特長、クーポンなどを配信すれば、差別化できるでしょう。

 

6. 売上アップにはweb集客は必須!

自社が展開する商材の売上アップのためには、webによる集客は必須です。その理由として、次の3点が挙げられます。

1. インターネット利用者が多い
2. 集客方法によっては費用対効果が高い
3. 効果測定がしやすい

 

6-1. web集客が重要な理由①インターネット利用者が多い

出典:総務省|平成30年版 情報通信白書|インターネットの利用状況

上記は、総務省が公表している2017年における個人のインターネット利用率のグラフです。グラフを見ると、13歳~59歳の個人のインターネット利用率が90%以上であることが分かりますね。

このため、利用者が多いインターネットを活用したwebを集客に活用すれば、商材がたくさんの人の目に留まりやすくなるといえるのです。

多くの人に商材を知ってもらえれば既存ユーザーだけでなく、将来の見込み顧客にも知ってもらうきっかけを作ることも可能になります。

 

6-2. web集客が重要な理由②集客方法によっては費用対効果が高い

web集客方法によっては、費用対効果が高いです。

これまで主流だった集客方法は、チラシのポスティングや新聞折込広告、中吊り広告、看板といったアナログな方法でした。しかし、アナログな集客方法は、特定地域のターゲットを集客するときには向いていますが、多くの人を集客する場合や、特定の性別や年齢、関心事を持つターゲットをピンポイントに集客したい場合には向いていません。

一方、web集客は、手法によっては無料、もしくは低いコストで行えます。利用者が多いwebを使うため、多くの人に知ってもらいやすく、さらにピンポイントのユーザー層だけを狙って集客することも可能です。

 

6-3. web集客が重要な理由③効果測定がしやすい

web集客の方法によっては、どのくらい集客効果があったかを分析できます。「いつ・誰が・どこから来てくれたか」といったことがデータとして残るのです。

このデータを見れば、今行っている集客方法の改善点が見えるだけでなく、集客効果のある方法とそうでない方法も見極めることができ、今後の集客の参考にすることができます。

 

まとめ

web集客とは、インターネット上のサービスを使ってお客様を集める集客法です。web集客には主に以下の5種類があり、それぞれとられる方法が異なります。

1. 検索エンジンからの集客…SEO対策/リスティング広告を出す
2. web広告からの集客…バナー広告を出す/アフィリエイト広告を利用する
3. ソーシャルメディアからの集客…SNSへ投稿する/SNS広告を出す
4. 外部サイトからの集客‥外部サイトやポータルサイトに自社のホームページやブログのリンクを貼ってもらう
5. 自社サイト・ブログから直接集客…メールマガジンを配信する

「商材をどう訴求したいか」や広告予算などを考慮して自社に合ったweb集客の種類・方法を選べますが、業界に適したweb集客の種類・方法を選ぶのも有効です。

ぜひ自社に適したwe集客の種類・方法を見つけていただき、売上アップを目指してくださいね!

【無料お試し読み】3冊のお試し読みをプレゼント中

amazon3部門で1位を獲得した3冊の書籍を「お試し読み」として受け取ることができます

無料お試し読みをチェックする

【成功事例】売上を上げた方々の事例集

【新・講座型ビジネス】で実際に売上を上げた方々の事例はこちらからチェックできます。

成功事例をチェックする

関連記事

著者×新講座型ビジネス

法人コンサル×新講座型ビジネス

健康×新講座型ビジネス

語学×新講座型ビジネス

WEB×新講座型ビジネス

女性起業×新講座型ビジネス

専門スキル×新講座型ビジネス