専門家対談 石井 芳恵 結果が出る「食医ママ マスタープログラム 」の魅力

最終更新日:2020年11月25日

小林:こんにちは。小林正弥です。今回は、教育ビジネスリーダー対談「こうして私は起業に成功した!」ということで、4人のお子様を育てながら、オンラインの教育事業で非常に活躍されている、食医ママサロン主宰の石井芳恵さんにお話を伺っていきます。石井さん、よろしくお願いいたします。

石井:よろしくお願いします。

・石井芳恵さんブログ:https://ameblo.jp/tiaras-dress/
・石井芳恵さんtwitter:https://twitter.com/tiaras22
・食医ママサロン:https://lounge.dmm.com/detail/737/

食を通して家庭の中から予防医学を行っていくママサロン

小林:すごいのが、4人の小さなお子様を育てながらビジネスを行われていることです。4人目のお子さんの妊娠出産と事業の立ち上げを全く同じ年にされたというのは、すさまじいタイムマネジメントだなと思います。

「忙しくて時間がない」と言い訳したり、そこで立ち止まったりしてしまう人がいますよね。しかし、今日の芳恵さんの話を聞いたら「時間がない」と言えないことはないですが、とても勇気と見通しが持てる時間になるだろうと、楽しみにしてきました。

私だけでなく、芳恵さんのライフスタイルや働き方をロールモデルとして憧れに思っている人が見てくれていると思います。よろしくお願いします。まず、芳恵さんが今どんな活動をされているのか、簡単に教えていただけますか。

石井:今、DMMのオンラインサロンを運営させていただいております。世界中に会員さんがいらっしゃいます。オランダ、スペイン、最近はサンフランシスコ、ニューヨーク、ロサンジェルス、香港、韓国、ニュージーランドなど、いろんな地域にいらっしゃる日本人のママさんたちです。

子育て中の小さいお子さんがいらっしゃる世界中のママさんたちが、私のオンラインサロンに集ってくださっています。主に食べ物を使った家庭の中からの予防医学や、実際に病気になった時にも、基本的に副作用のない食を使って病気を治していこうというコンセプトのオンラインサロンを3年ほど運営しています。

小林:この1年の間でも、かなり人数が増えたのではないですか。

石井:そうですね。オンラインサロンに入って情報を得たいというタイミングは皆さんのライフスタイルの中で違うと思いますが、いつから入っても自分のペースで学んでいける形をとっていますので、入りやすいのかなと感じます。

小林:これから子どもが欲しいというご家庭や、妊娠中の体調不良などのサポートであったり、産後ママさん、お子さん、旦那さんの体調管理など、季節ごとのアドバイスや情報も非常に丁寧にサポートされていらっしゃいますよね。

この1年で、より本格的なプログラムも立ち上げられましたが、そちらはどのような内容になっていますか。

石井:私が伝え続けているメソッドの呼び名として、食べ物で身体を癒していくという意味で「食医」という言葉を使わせていただいていて、「食医ママメソッド」とメソッド化しています。

家庭から身体を直していくというメソッドで、食医ママのオンラインサロンの中で身につけていきながら、皆さんが食医ママになっていかれます。それをより体系的に学ぶことが出来る「食医ママ マスタープログラム」を今年、赤ちゃんが生まれてすぐの4月にスタートさせました。

0から始めたブログで信頼貯金が貯まり、月収200万のサロンに成長

小林:これから起業して、お金や時間のゆとりや自由を手に入れたい方がご覧になっていまるので、言える範囲で結構ですが、この2つ事業によってご自身の経済的なことなど、どのくらい変化があったか教えていただけますか。

石井:オンラインサロンを立ち上げた時は、もちろん無収入からスタートしました。立ち上げの時からお金をかけずにやりたいなと思っていたのです。ブログは無料で発信出来ますし、そのブログから発信していって信頼残高を貯めていきました。

ブログを見てくださった方が「実際に子どもの病気が治った」など言ってくださったり、直接ご相談をされる方が多かったりしたことがあったので、そんな方たちともっとつながりを持てて、的確に具体的な話をするためにはブログだけでは足りませんでした。

オンラインサロンを最初は経費0円で立ち上げて、徐々に人数が増えてきて、月収が30万円くらいになったあたりで、その稼いだお金を「次に投資したい、次の学びに投資しよう」と思いました。

そこで、THE ONEに入会させていただき、1年くらいかけて私のペースで講座を作らせていただきました。今年の4月に販売をスタートして初月で600万、その次の月からは200万円ずつコンスタントに今月まで来ています。

小林:最初は収入も0のところからスタートしてお金をかけずに出来ることから始めて、月に30万円くらいの収入になって、更に自分の学びのために投資をして、多い時には月に600万円とか、200万円くらいで安定しているということですね。

生活の中に学びを溶け込ませ、アウトプットをし続けている

小林:事業単体で見ればバリバリの起業家なのですが、一方で4人の小さいお子様を育てながらという人生のトータルバランスを取りながら、お金、時間、家庭のどれもあきらめずにやれているのは奇跡的なことだと思います。

時間術的になぜそのようなことができるのか、というポイントを伺いたいです。子育ては時間がかかりますし、体調的な変化もおそらくあるわけですよね。その中でどうやって妊娠出産と事業の立ち上げをどれも諦めずに上手く進めることが出来たのでしょうか。

石井:まず自分の中で4つの資産を大切に育んできた感覚があります。まず健康。これは絶対に必要だと思います。元気で自分のコンディションが良ければ何でも出来ますし、意欲的になることが出来ます。

自分が必要だなと思うことを、その時その時に学んできて今があります。時間術としては、生活の中に学びが溶け込んでいるという感覚で、例えば母乳をあげながら本を読んでいたり、子どもの幼稚園の送り迎えをしながら車の中で正弥さんの音声を聞いたりしていました。目から学ぶだけではなくて耳からも学んで、大学の受験勉強と同じような感覚ですね。

 

私の学びのテーマは自分の健康を自分で確立することや、子どもの健康についてで、自分の生活の中で必要だったので意欲もありました。すき間時間を使って学びを生活の中に溶け込ませ、学んだことをブログを通して10年間くらいずっとアウトプットしつづけています。学んでアウトプット、学んでアウトプットです。

小林:自分にとって必要なことを学ぶだけではなくて、ちゃんとアウトプットまでをしていったということですね。

石井:自分がすごく良いと思ったものに対して、「誰かにこれをお伝えしたい」と思う気持ちがすごく強くて、最初はお金のことなんて考えていませんでした。もちろん今もそうですが。

食医ママメソッドは、お金になるから始めたのではなくて、本当にすごく自分にとって必要でしたし、同じことで悩んでいる方が他にいたら「こんな選択肢もあるよ」とお伝えしたくて、10年くらいブログを書いていました。

初めは、すごく安い単価でオンラインサロンを始めて、そこから少しずつ単価が上がっていき、今の11,000円の金額になりました。それは正弥さんの『自分を最高値で売る方法』という本と出会ってからいよいよ、お金をもらうことの大切さもそこで学んで、マインドチェンジが起こった感じでした。

本当に役立つことを発信し、結果が出ることで信頼につながっている

小林:今の時点(2020年11月)で、月に11,000円というオンラインサロンは決して安くない価格だと思います。それでも150人近い人たちが学ばれて、しかも会員さんがほとんど辞めないですよね。それはどんなところにポイントがありますか。

石井:私が伝えていることは、すごく地に足がついたことです。実は、子育てや子どもの健康に関して発信している大企業や、大手の雑誌出版社さんも、同じくDMMからオンラインサロンを開設されていらっしゃったのです。

赤ちゃんを産むお母さんたちにとっては「この雑誌」というような某雑誌社も、最初は3,000円くらいで開設されていました。ところが数ヶ月経ってもどなたも入られないので、オンラインサロンが0円になりました。それでようやく少し入られるようになったようですが、この夏にオンラインサロンを閉じたようです。

有名なタレントさんが来て動画やイベントも配信されていましたが、今求められているものは、やはり信頼度だと思います。大手の企業さんは認知度はありますが、信頼度という点に関しては、どうしてもスポンサーがいるのでスポンサーに向いて発信していることが多いと思います。

食医ママサロンにはもちろんスポンサーがいないので、本当に必要なものや本当に役立つことしか発信していないのです。

中耳炎になったお子さんがいたとして、中耳炎を家庭の中で治せるようになるということが当たり前に起きていたりします。必ず結果にまで導くロジックがあって、サロンに入ったママさん1人1人がちゃんと治していけるという経験をされています。

勉強家なママさんたちが入られており、現代医学や病気にまつわる本や、漢方の先生などいろんなところで健康について学んできたママさんたちが、最終的に食医ママサロンでようやく「ここだ、落ち着ける」と言ってくださるのです。

旦那さんがお医者さんの奥さんで、食医ママサロンに入って子どもの病気を初めて薬なしで治せたり、という皆さんの結果が出ています。確かな結果に導くロジックと、食医ママメソッドを皆さんが1人1人身につけていかれます。

そして1,2,3年と経つと、今まで慢性的に起きていたぜんそくやアトピーの症状が全くなくなったり、幼稚園や小学校で感染症が流行っても自分の子どもが皆勤賞だったりという経験を、1人2人ではなくて食医ママサロンにいらっしゃる皆さんがされているので、信頼につながっています。

小林:スポンサーのために何かを売るといった目的もないし、実際に食医ママサロンでの教えで健康になったことが、信頼として積み重なって、人が集まり、人が残るサロンになっていったということですね。

石井:ありがたいですね。命を守ることが目的なので、そこを1番に考えて展開しているところが支持されているのだと思います。

小林:より高額な「食医ママ マスタープログラム」も立ち上げられましたが、どういった内容で、どんな人が集まってきていますか。

石井:食医ママメソッドを体系的に学びながら、実際に自分と子ども、旦那さんの身体、第三者の大人の方の身体を見ながら、食医ママメソッドのすべてをマスターしていくプログラムです。

プログラム参加者が学びも出来て、実際に人の病気を治せるというところを見通せるくらいまでの力を身につけることが出来ますが、それ以前に自分自身の身体を良くすることが出来るプログラムになっています。

このプログラムを受講しながら情報発信をされているママさんたちを見て、さらに周りのママさんたちが食医ママサロンやマスタープログラムに興味を持ってくださって、入会していただく流れが自然に出来ています。

小林:今までは芳恵さんが、自分自身ので大事だということを純粋にサロンで教えていて、自分を守るように家族を守れたり正しい健康のことを教えられる人をマスタープログラムで育てて、さらにその人が周りに教えてさらに人が集まってきているのですね。

石井:そうですね。自然発生的に流れが出来ています。

自分の中を通った学びで信頼残高をお客様の中に貯めていく

小林:先ほど、4つの資産を大切にしているというお話がありましたが、その1つが健康資産ですよね。まさにご自身の健康資産を高めながら、オンラインサロンやマスタープログラムでも教えていらっしゃいますね。2つ目以降も教えてください。

石井:2つ目は、信頼残高です。正弥さんの本の2冊目にも書かれていたことですね。信頼残高とは、自分がアウトプットしていくことで、私が発信したことを受け取ってくださった方の中に貯金していくような感覚ですね。

小林:具体的には、どのようにやっているのですか。

石井:ブログがメインです。

小林:ブログは何を書いたら良いのかであったり、ブログは無料だけれどオンラインサロンは有料のサービスなのでどのくらいのコンテンツを出すのかなど、どのように考えていますか。

石井:私がやっている食医は命に関わることで、ブログは公のものなので薬事法に触れるようなことは書けません。しかし、「これを伝えたらきっと同じようなことで悩んでいる方の役に立てるのではないか」と思ったときは、情熱が出てきてお伝えしたいという気持ちになります。その気持ちで書いているというのが1番です。

自分の中を通った学びと呼んでいますが、ブログでは私が自分の身体を通して経験したことをメインに伝えるようにしています。

オンラインサロンでは、もっと専門的な用語を使っています。全員がまず入会した時に、体質の判断法やいろんな原理をある程度マスターして、毎日のオンラインサロンのコンテンツを読みこなしていくといった違いがあります。

小林:このオンラインサロンは男性もOKですか。

石井:今までは女性限定でやっていました。私が女性なので、男性のことがわからないと思っているからです。本当に自分のわかることを正直にさらけ出していますので、男性の体質や考え方はわからないのでお受けしていませんでした。

今は、女性の方を美しくさせるお仕事をしていたり、奥さんがちょうど産後のタイミングだったり、「女性のために」という男性はお受けしています。

小林:健康に関するプロの方もOKですか。

石井:はい、活かしていただけるとすごくうれしいです。

過去作り上げたものが収入を生むコンテンツ資産

小林:ありがとうございます。信頼残高の他に、大切にされているのは何ですか。

石井:3つ目は、コンテンツ資産です。これも正弥さんの2冊目に書かれていた「過去時間」という概念で、私はこの概念がすごく好きです。人間は24時間しかないですし、現在時間を使った労働の対価としてお金をもらっているようでは、いつまで経っても自分の時間はありません。特に私のように、子どもを育てる母親はそうですよね。

特に女性はライフステージも変わりますし、不測の事態や予想が出来ないときも、その中でどう稼いでいくかという力が大切だと思います。これを叶えるのが、まさにコンテンツ資産です。過去に自分が作り上げたものが、これからずっと資産を生み出してくれるという考え方が好きです。

10年間ブログを書いてきたので、10年間の内容で今でも「あの時のあの記事で救われました」「役に立っている」と伝えてくださる方がいます。オンラインサロンに入ると、サロン3年分の資産がコンテンツとしてあるわけです。それがずっと私に収入をもたらし続けてくれるという流れが出来ています。

そこから得た収入を次に何に回すかというと、また更にコンテンツ資産に回します。これが今回のマスタープログラムになっています。

新・講座型ビジネスで作ったマスタープログラムの良さは、反転学習を取り入れていることです。講師がずっとマンツーマンでつきっきりでなければ教えられないスタイルは、講師の現在時間を消費してしまいます。自分が撮った動画などを使って、購入者が自分の時間を使って学んでくださるようにすれば、講師の時間も空いて収入も上がります

まさに、自分の過去時間を使って収入を生み続けるコンテンツ資産の在り方。これが、妊娠中でも産後でも私が休みたい時に、コンテンツが資産を生み出してくれて収入を生んでいます。これが4つの資産の中でも大切だと思っています。

得た収入を次の学びに使うことが次の収入を作る

小林:だからこそ、時差も関係なく地球の裏側のニュージーランドなど、いろんなところから受講されているということですね。最後の1つは何ですか。

石井:4つ目は、お金です。まさに資産そのものですね。お金をどう使うか、ということです。入ってきた収入を次の学びのために使ったおかげで、私は今のスタンダードがあります。0から始めて収入が30万円になった頃に、この30万円からすれば3分の1ほどという結構大きなお金をTHE ONEにお支払いしましたが、すぐに回収しました。

次はどうやって使っていくかということが、さらに自分の収入を上げていくために大切ですね。学び続けるためにお金をかけていく、というのが4つ目の資産です。

小林:健康資産、信頼残高、コンテンツ資産、お金。ビジネスオーナー、現代の資産家的な発想ですね。これでまず0から30万円になって、月600万円までになったということですね。

石井:学び続けるのに使えば減りませんし、稼ぎ続けていけると思います。

自分の生活をビジネスにしていく、生活の資本化でコンテンツを作る

小林:そうですよね。最後に、これから自分でオンラインサロンをやりたい人や、何かオンラインスクールをやりたいという人の背中を押す一言をいただけますか。

石井:オンラインサロンは1度開設すると、毎日コンテンツを作り出すという作業が始まります。その際、私がすごく良かったと思う在り方が、生活の資本化です。自分の生活の中の一部が仕事になっているわけです。

私なら今は子育てですよね。子育てと家事、毎日の料理とかもですね。例えば、料理を簡単に作るにはという需要があるので、私はこうしているよということがアイデアになりますし、毎日発信しているコンテンツは私の生活の一部なのです。

自分の生活の一部がお金になると無理がないと言いますか、生活の資本化という感覚でいると長く続けられますし、自分自身のことはうそをつきませんよね。私も全部さらけだしていて、子どもや旦那さんの病気のこと、もし病気になった場合も「こんなふうに治した」と、事細かに伝える。それがコンテンツになっています。

小林:子育てにしても健康にしてもいろんな予期せぬこと、上手くいかないこともあると思います。その場合はどのようにされていますか。人によっては、病気にもならずにいつもキラキラしている自分を演じなきゃいけない、のように囚われている人もいると思います。

石井:実際に病院にかかるような病気にはなっていません。病気になる前に気づく、例えば鼻水が多めに出ているとかがあれば、そこからすぐに中庸に戻すということをしています。熱も時々出ますが、なぜこの熱が出たのかという理由もわかるので、それを伝えることが皆さんの役にも立っています。

小林:そこが、コンテンツ力ある大手の雑誌社さんには圧倒的に無いところですね。

石井:すごくニッチでもあるし、実際に応用出来ることです。どんな大手の本を読んでも、誰かが言っているコピペのような情報が多いです。

私の場合は、私の中を通ったオリジナルの原理原則、食医ママメソッドを使って私が応用してどうだったのかということを発信しています。皆さんが自分たちの生活に落とし込みやすいように、応用しやすいようになっていますね。

小林:「生活の資本化」は良い言葉ですし、素晴らしい考え方ですね。芳恵さん、ありがとうございました。

石井:ありがとうございました。

小林:では、最後に少し宣伝をさせていただきます。芳恵さんの活動に関して、もっと食医ママのことを学びたい方は、下記のリンクをチェックしてみてください。

・石井芳恵さんブログ:https://ameblo.jp/tiaras-dress/
・石井芳恵さんtwitter:https://twitter.com/tiaras22
・食医ママサロン:https://lounge.dmm.com/detail/737/

私たちがやっている教育ビジネス支援事業のうち、1つ目が結果が出る高額プログラムで年3,000万円、出版を目指すパーソナルブランディングを実践していくコミュニティ、新・講座型ビジネス実践会THEONEです。

新・講座型ビジネス実践会THE ONE webセミナー

2つ目が、もっと気軽に自分や誰かにとってのサードプレイス、学びのサークルを作るようなオンラインコースのコミュニティMillionsです。月々11,000円で始めることができます。

オンライン継続課金ビジネス構築コミュニテイMillions

【無料お試し読み】3冊のお試し読みをプレゼント中

amazon3部門で1位を獲得した3冊の書籍を「お試し読み」として受け取ることができます

無料お試し読みをチェックする

【成功事例】売上を上げた方々の事例集

【新・講座型ビジネス】で実際に売上を上げた方々の事例はこちらからチェックできます。

成功事例をチェックする

関連記事

著者×新講座型ビジネス

法人コンサル×新講座型ビジネス

健康×新講座型ビジネス

語学×新講座型ビジネス

WEB×新講座型ビジネス

女性起業×新講座型ビジネス

専門スキル×新講座型ビジネス