すべての個人と企業が「教育者」になる

ホームページにお越しくださり、ありがとうございます。
教育スクールビジネス研究所の小林正弥です。

私たちは、個人や企業に対して、

「本業で結果を出して稼ぎ、結果の出し方を教えて稼ぐ」

というダブルインカムの手法として教育型ビジネスの構築方法をお伝えしています。

社会貢献、経済的自由が手に入る、新たな戦略が「教育化」

顧客に何かを教えたり、何かを気づかせるという要素をビジネスに組み込むことで、付加価値を高め、集客アップ、売上アップにつなげることができます。最近見つけた画期的なサービスに、イタリアワインの通信講座があります。月額1万円ほどで月に2本のワインが送られてくるのですが、ワインについて学べるニュースレターも一緒についてくるというサービスです。

これがまさに事業の教育化です。普通のワインショップは、お客様が欲しい時に買う、都度課金(フロー型ビジネス)です。通信講座化することで、継続課金(ストック型ビジネス)になっています。マズローの欲求段階説をご存知ですか? 人間には5つの欲求があり、低次の欲求が満たされると、より高次の欲求を欲するようになるというものです。5つの欲求は図をご覧ください。通信講座化して、知的好奇心に訴えることで、食欲だけでなく、ワインに対する成長欲求や、ウンチクを語りたいといった自己実現欲求に訴えることができています。


高次の欲求を満たすために、イタリアワインの知識が学べるニュースレターをつけ、顧客の自己実現欲求を満たしています。勉強会やオフ会があれば、所属の欲求も満たされます。ワインの味の違い、グラスの選び方、歴史など、自社で教えられるものを出します。初めから完璧を目指す必要はなく、自分たちが学びながら、教えていけば良いのです。

成功する教育型ビジネス構築の6大原則

STEP1. カスタマーサクセス(顧客の成功)を実現するワンストップサービスを作る

最高値で売る本質は、カスタマーサクセス(顧客の成功)を売ることです。例えば、ウェディングは、「人生最高の結婚式」というカスタマーサクセスを提供しています。花だけ、食事だけ、写真だけ、ではカスタマーサクセスは実現できないので、ばら売りだと安くなるのです。

STEP2. 手足を動かさない(作業代行しない)、自分ではなく、顧客を動かす

あなたが手足を動かすことをサービスを入れません。つまり業務の代行はしないのです。「御社の代わりにホームページを作ります、企画書を作成します、データ入力します」といったものはやらないのです。あなたの手足を動かすのではなく、顧客の手足を動かし、結果の出るプログラムを作ります。

あなたが作業代行したら、その時点で時間がなくなります。時間がなくなると複数の顧客を持つことができなくなります。月の報酬は、100万、200万に到達できますが、長忙しくて時間がなくなります。「もうこれ以上、仕事を受けたくない」という思考になり、その思考が現実化して、緩やかに仕事が減っていくのです。気づいたら主要な顧客が1、2社しかいない、という状況になってしまいがちです。こういったフリーランスを多数見てきました。そうではなく、顧客数に上限のないプログラム設計をするのです。

STEP3. 高額×長期継続(1年先まで黒字化させる)

あなたの収入(利益)は、顧客との長期的な関係からもたらされます。高額だけでは半分で、長期継続する仕組みを作ります。例えば、1年契約なら、あなたの売上は1年先まで確定します。会社員も副業が認められる中で、すべての人が起業家として働く時代がやってきました。大切なことは、「1年先まで黒字化させる」という発想を持つことです。都度課金では、未来の売上は確定しませんが、経費は確定します。高額×長期継続の商品設計にしましょう。カスタマーサクセスを押さえていけば長期継続は可能です。

突き詰めると、法人は、長期的利益の実現を求めており、個人は、長期的幸福の実現を求めています。どちらも長期的なものを求めているのだから、あなたがそれを提供できる商品パッケージを提供できれば、高額×長期継続が可能です。お金と時間の自由は、引退後の夢ではなく、自分らしい人生のスタートです。最初から設計して、3ヶ月以内に、毎月100万以上の収益が得られる仕組みをしっかり作るのが賢い働き方です。

STEP4. お客さんがカスタマーサクセスにコミットする(自己責任)

「結果にコミット」これは重要なキーワードです。知識情報社会は、知識・情報が価値を失う時代です。つまり、知識・情報が無料化していきます。物知りではお金を払ってもらえません。知識・情報はタダでもアクセスできる時代になった中で、プロフェッショナルは一段進化する必要があります。それが「結果にコミット」。どんな結果(カスタマーサクセス)を約束するのか? それに対して報酬を受け取る時代です。そして、「あなただけでなく、お客さんがカスタマーサクセスにコミットする(自己責任)」プログラムを作ることが最も大切です。

私はボディメイクのRIZAPに通ってわかったことがあります。「そうか、結果にコミットするのは私なんだ笑」。考えてみれば当たり前のことですが、顧客が結果にコミットしない限り、どんな素晴らしいトレーナー、ジム施設も役には立ちません。それだけでは価値を生まないのです。そして、顧客の時間とエネルギーを使うことが重要です。トレーナーは極論、何もしなくても、顧客が自宅で、適切なトレーニングと食事に励めば結果が出るわけです。お客さんにコミットさせているから、一人のトレーナーが何十人もの顧客をサポートできます。トレーナーが顧客の代わりに痩せることはできません。あなたが自分を高額の教育型ビジネスにするときも同じことが言えます。

あなたがいくら結果(カスタマーサクセス)にコミットしたところで、代行しないのだから、顧客が結果にコミットしない限り、大した結果は提供できません。顧客が結果にコミットしてくれれば、あなたがぼーっとしてても結果は出ます。

STEP5. オンラインを活用し、24時間365日、価値提供する

汗水垂らさず、賢く、24時間365日働きましょう。オンラインを活用すれば、それが可能になります。私やクライアントたちは、24時間365日、自分たちの分身が顧客に価値提供しています。顧客は私たちのオンライン講座を見ながら学習し、わからないことはQ&A集で調べてくれます。毎日メルマガで顧客に役立つ情報も配信していますが、私たちがどこにいるかは重要ではありません。カスタマーサクセスにコミットするためには、できるだけ顧客との接点を絶やしてはいけません。

しかし、あなたが労働していたら、いくら時間があっても足りないので、オンラインを活用し、賢く、価値提供しましょう。

STEP6. 自ら結果を出して稼ぎ、結果の出し方を学びたい人に教えて稼ぐ

あらゆる仕事には賞味期限があります。今まで効果的だったやり方が通用しなくなります。ということはすべてのビジネスパーソンは、連続的に学び、自分という商品をアップデートしていく必要があるのです。結果を出せる人は、常に高値で自分を売れます。そして、結果の出す方法も常に高値で売れるのです。自ら結果を出して稼ぎ、結果の出し方を学びたい人に教えて稼ぐ、このダブルインカムのサイクルを回し続けることこそ、自分を最高値で売る秘訣です。